日本経済が絶対に復興するプログラム

■日本経済が絶対に復興するプログラム

日本の経済問題は日本の独自の努力で解決することは考えないのが一番です。

日本人がいくら頑張っても貧困の政策から抜け出すことはできません 政府は国民に対して 増税を要求します それはなぜかといえば 資本主義の経済の仕組みというのが 中央銀行からの借り入れでしか マネーサプライができないというのが 表向きの経済の仕組み だからです。 経済規模が大きくなれば100% 借金が増えるわけです。

ですから 日本銀行 日本政府 国民 という中でいくら頑張っても国家の借金問題は解決することはないのです。
解決する方法がない問題をどうすれば良いのかということを考えれば これは外国からのインバウンドで外貨を稼ぐしかない。

もしくは 外国人の観光客を IR に呼び込んで外貨を稼ぐしかない 。

貿易黒字による外貨を稼ぐしかない。

というしか方法がないのです。 最後は日本国民が外国に出稼ぎに行って外貨を稼いでこいという話になるのです。
まさに昔のからゆきさん 状態です。

さて そのような状況を打破するにはどうすれば良いのかというのはこれは 国連 銀行 SRP が提供する外貨による開発援助 プログラムの名称で資金が譲渡されますのでそのプログラムに最大限に参加をし 財源を確保するのが一番賢い 手段です。

これは借金を伴わない資金としてマネーサプライを行える手段です。

この仕組みというのは 資本主義経済を作る上で作られてきた 仕組みでありますし 日本自身はアメリカの属国でもありますから西側諸国 として完全に存在しているので この西側が考えたマネーサプライの仕組みに載らなければ日本は豊かになることは絶対ないのです。

これはなぜかというのは非常に単純な話で資本主義経済を作った際の モデル としてなぜ中央銀行は借金をさせながら資金を供給するのかというのはこれは 銀行家が考えた手段です。

ある意味 借金というものは 銀行券を発行し 何らかの担保を取ってお金を貸し出すわけですが返せなかったら それは 担保を合法的に取ることができるということである 意味 搾取の経済学だと言われています。

そのことを考えても マネーサプライを行う仕組みというものが一本化されているという理由も一つにあります 。

これは 国連 設立時に貨幣論の提唱者である ケインズが 提案したことだと言われていますが マネーサプライを行う仕組みがなければいつか中央銀行や政府が破綻をします。また戦争になります。 それを防ぐには 唯一のマネーサプライを行う組織が必要だということで スタートしたのが この 国連 銀行 SRP の仕組みです。

ただ 国連 銀行 SRP のマネーサプライの仕組みに関しては長年 隠されてきましたなぜならばこの存在があまりにも表になれば通常の銀行 業務がやりにくくなるということで これを一生懸命 隠そうとした経緯があります 。これは現在でもそのような傾向はありますが ここ最近になり少しずつ 公開はされてきています。

つまりこのマネーサプライを行う仕組みというものを理解しなければ資本主義経済の設計図 自身に最後は破綻するプログラムが仕掛けられているということに国民は気づかないといけないのです。

つまりこの仕組みに気づかなければ何回でも戦争を起こすことになり 貧困との戦いで結論 国民が苦しむということになります。

現状 日本が今 非常に苦しんでいるということは これはマネーサプライの仕組みについて理解をしていないからです。

通常の銀行業務 というのは 銀行券を発行する際には必ず借金として発行し 返せなければ何らかのペナルティがあるというような仕組みが当たり前だと思い込んでいるところに間違いがあるのです。

つまり ある一定の担保力を提示すれば 国連 銀行 SRP がマネーサプライを行い 資金供給をすることによって 中央銀行が貸し出している資金の肩代わりをするという仕組みがあるということを知らなければいけません。

このようにして借金の問題を是正していくのです 。この仕組みが理解できなければ 正直 日本経済は今後 破滅への道へ向かいます。

このことを説明しているのです。

日本経済が今後どのようにすれば復興できるかというのは これは日本国内の問題で解決できる話ではなく 米国 国連 銀行 SRP からのマネーサプライの教授を受けなければ日本という国は今後 プライマリーバランスの正常化などはできません。

IMF が言うように消費税 15% 20% 25%でも足らなくなるのではないか などと言われ 財務省がそれをしようとしていますが そういうことをすれば国民は死んでしまいます。

つまり 国連 銀行 SRP については 彼らは分かっていても表にはしないというのは気づかなければ この制度は 導入させないということですから 私は皆様に これを告知し 気づきを与えているのです。

つまり私自身が国連 銀行 SRP の制度 マネージメントしているメテ財団の公式広報大使として 全世界に対する業務を行っているからです。

つまり 国連 銀行 SRP からのマネーサプライを行うための告知及び手続きに関しては私自身が行っている業務ということになりますから そのことを行えば 国連 銀行 SRP つまり 米国財務省及び米国国務省及び欧州のプライマリーバンクからの資金供給ができるということになります。

このことを理解してください。 これをするために 私自身が 今 地方分権にし日本も 連邦国家として地方特別会計を設置しましょう。 中央政府の特別会計 もしっかりこの SRP からの財源を確保し 地方も同じように確保してくださいということを提案しているのです。

一つの財布よりも たくさんの財布でマネーサプライを受ければ日本は多額の借金問題は解決が早いです。

現在大阪万博 などで多額の資金がかかると言って国民が反対をしていますが 実は 国連 銀行 SRP の開発援助 プログラムに参加しておけば 財源は全て国連 銀行 SRP から提供される方法があるわけです。

また地方自治体でよく問題になるのが 地方自治体の赤字 問題 ということで 例えば よく話題になるのが 京都市の赤字の問題。

これは京都の地下鉄が非常に赤字が大きいということで 京都市の財政がもうすぐ破綻しそうだということが話題になっていますが この問題も実は 民営化をして 国連 銀行 SRP からの開発援助 プログラムに参加する もしくは 今年が 特別会計を持って財政投融資をすれば財源は確保できるわけです。

つまり 地方自治体が何らかの イベントや大型のインフラ投資などをすればほとんどが赤字で財政が悪化し 結論として 財政破綻への道へ繋がるということが起こっていますが これは 政府からの財源というものは 地方交付税交付金 つまり 中央からの地方への交付金が頼りで財源を確保しておりまたその財源について 使い切り でなければいけない 。また 使用用途については 限定されるなどの自由度がないために 全て 中央政府からの援助がなければ成り立たないという地方財政の仕組みに問題があるわけです。

つまり 連邦制度にして地方自治を強くさせる そして国家をどのようにして維持していくか というのは 各地方で特別会計を持ち 特別会計の担保力を持って 国連 銀行 SRP からの開発援助 プログラムの資金を受けそれを毎年 継続的に資金を投入することによって財源を確保すれば国民の負担は全くなく しかも中央政府の交付金などに頼る必要もなく 財源を独自で確保できるようになります。

そうすることによって 地域特性を持たせた経済システムを構築することができるわけです。

このことを実現させることが私自身が行う 重要な政策ということになるわけです。

つまり私自身がなぜ連邦 共和党という政治団体を作ったのかというのはこれを日本国内で実現させるために 政治活動として 地方分権における特別会計 そしてその財政投融資における財源確保を支援するモデルを提供することが私自身の仕事だからです。

これは 国連 銀行 SRP からの資金を投入させるための手続きをするということが私の業務であるから それについて 日本国内でどのようにすれば良いかと考えた時に自分自身が政治活動としてその制度を作るために活動することが重要だと思ったので連邦 共和党を設立したわけです。

■日本経済が絶対に復興するプログラム

日本の経済問題は日本の独自の努力で解決することは考えないのが一番です。

日本人がいくら頑張っても貧困の政策から抜け出すことはできません 政府は国民に対して 増税を要求します それはなぜかといえば 資本主義の経済の仕組みというのが 中央銀行からの借り入れでしか マネーサプライができないというのが 表向きの経済の仕組み だからです。 経済規模が大きくなれば100% 借金が増えるわけです。

ですから 日本銀行 日本政府 国民 という中でいくら頑張っても国家の借金問題は解決することはないのです。
解決する方法がない問題をどうすれば良いのかということを考えれば これは外国からのインバウンドで外貨を稼ぐしかない。

もしくは 外国人の観光客を IR に呼び込んで外貨を稼ぐしかない 。

貿易黒字による外貨を稼ぐしかない。

というしか方法がないのです。 最後は日本国民が外国に出稼ぎに行って外貨を稼いでこいという話になるのです。
まさに昔のからゆきさん 状態です。

さて そのような状況を打破するにはどうすれば良いのかというのはこれは 国連 銀行 SRP が提供する外貨による開発援助 プログラムの名称で資金が譲渡されますのでそのプログラムに最大限に参加をし 財源を確保するのが一番賢い 手段です。

これは借金を伴わない資金としてマネーサプライを行える手段です。

この仕組みというのは 資本主義経済を作る上で作られてきた 仕組みでありますし 日本自身はアメリカの属国でもありますから西側諸国 として完全に存在しているので この西側が考えたマネーサプライの仕組みに載らなければ日本は豊かになることは絶対ないのです。

これはなぜかというのは非常に単純な話で資本主義経済を作った際の モデル としてなぜ中央銀行は借金をさせながら資金を供給するのかというのはこれは 銀行家が考えた手段です。

ある意味 借金というものは 銀行券を発行し 何らかの担保を取ってお金を貸し出すわけですが返せなかったら それは 担保を合法的に取ることができるということである 意味 搾取の経済学だと言われています。

そのことを考えても マネーサプライを行う仕組みというものが一本化されているという理由も一つにあります 。

これは 国連 設立時に貨幣論の提唱者である ケインズが 提案したことだと言われていますが マネーサプライを行う仕組みがなければいつか中央銀行や政府が破綻をします。また戦争になります。 それを防ぐには 唯一のマネーサプライを行う組織が必要だということで スタートしたのが この 国連 銀行 SRP の仕組みです。

ただ 国連 銀行 SRP のマネーサプライの仕組みに関しては長年 隠されてきましたなぜならばこの存在があまりにも表になれば通常の銀行 業務がやりにくくなるということで これを一生懸命 隠そうとした経緯があります 。これは現在でもそのような傾向はありますが ここ最近になり少しずつ 公開はされてきています。

つまりこのマネーサプライを行う仕組みというものを理解しなければ資本主義経済の設計図 自身に最後は破綻するプログラムが仕掛けられているということに国民は気づかないといけないのです。

つまりこの仕組みに気づかなければ何回でも戦争を起こすことになり 貧困との戦いで結論 国民が苦しむということになります。

現状 日本が今 非常に苦しんでいるということは これはマネーサプライの仕組みについて理解をしていないからです。

通常の銀行業務 というのは 銀行券を発行する際には必ず借金として発行し 返せなければ何らかのペナルティがあるというような仕組みが当たり前だと思い込んでいるところに間違いがあるのです。

つまり ある一定の担保力を提示すれば 国連 銀行 SRP がマネーサプライを行い 資金供給をすることによって 中央銀行が貸し出している資金の肩代わりをするという仕組みがあるということを知らなければいけません。

このようにして借金の問題を是正していくのです 。この仕組みが理解できなければ 正直 日本経済は今後 破滅への道へ向かいます。

このことを説明しているのです。

日本経済が今後どのようにすれば復興できるかというのは これは日本国内の問題で解決できる話ではなく 米国 国連 銀行 SRP からのマネーサプライの享受を受けなければ日本という国は今後 プライマリーバランスの正常化などはできません。

IMF が言うように消費税 15% 20% 25%でも足らなくなるのではないか などと言われ 財務省がそれをしようとしていますが そういうことをすれば国民は死んでしまいます。

国連 銀行 SRP については 彼らは分かっていても表にはしないというのは気づかなければ この制度は 導入させないということですから 私は皆様に これを告知し 気づきを与えているのです。

つまり私自身が国連 銀行 SRP の制度 マネージメントしているメテ財団の公式広報大使として 全世界に対する業務を行っているからです。

国連 銀行 SRP からのマネーサプライを行うための告知及び手続きに関しては私自身が行っている業務ということになりますから そのことを行えば 国連 銀行 SRP つまり 米国財務省及び米国国務省及び欧州のプライマリーバンクからの資金供給ができるということになります。

このことを理解してください。 これをするために 私自身が 今 地方分権にし日本も 連邦国家として地方特別会計を設置しましょう。 中央政府の特別会計 もしっかりこの SRP からの財源を確保し 地方も同じように確保してくださいということを提案しているのです。

一つの財布よりも たくさんの財布でマネーサプライを受ければ日本は多額の借金問題は解決が早いです。

現在大阪万博 などで多額の資金がかかると言って国民が反対をしていますが 実は 国連 銀行 SRP の開発援助 プログラムに参加しておけば 財源は全て国連 銀行 SRP から提供される方法があるわけです。

また地方自治体でよく問題になるのが 地方自治体の赤字 問題 ということで 例えば よく話題になるのが 京都市の赤字の問題。

これは京都の地下鉄が非常に赤字が大きいということで 京都市の財政がもうすぐ破綻しそうだということが話題になっていますが この問題も実は 民営化をして 国連 銀行 SRP からの開発援助 プログラムに参加する もしくは 今年が 特別会計を持って財政投融資をすれば財源は確保できるわけです。

つまり 地方自治体が何らかの イベントや大型のインフラ投資などをすればほとんどが赤字で財政が悪化し 結論として 財政破綻への道へ繋がるということが起こっていますが これは 政府からの財源というものは 地方交付税交付金 つまり 中央からの地方への交付金が頼りで財源を確保しておりまたその財源について 使い切り でなければいけない 。また 使用用途については 限定されるなどの自由度がないために 全て 中央政府からの援助がなければ成り立たないという地方財政の仕組みに問題があるわけです。

つまり 連邦制度にして地方自治を強くさせる そして国家をどのようにして維持していくか というのは 各地方で特別会計を持ち 特別会計の担保力を持って 国連 銀行 SRP からの開発援助 プログラムの資金を受けそれを毎年 継続的に資金を投入することによって財源を確保すれば国民の負担は全くなく しかも中央政府の交付金などに頼る必要もなく 財源を独自で確保できるようになります。

そうすることによって 地域特性を持たせた経済システムを構築することができるわけです。

このことを実現させることが私自身が行う 重要な政策ということになるわけです。

つまり私自身がなぜ連邦 共和党という政治団体を作ったのかというのはこれを日本国内で実現させるために 政治活動として 地方分権における特別会計 そしてその財政投融資における財源確保を支援するモデルを提供することが私自身の仕事だからです。

これは 国連 銀行 SRP からの資金を投入させるための手続きをするということが私の業務であるから それについて 日本国内でどのようにすれば良いかと考えた時に自分自身が政治活動としてその制度を作るために活動することが重要だと思ったので連邦 共和党を設立したわけです。

政治:連邦共和党の考え方:国連銀行SRPの開発援助プログラムを最大限に利用した日本道州制の実現!

■政治:連邦共和党の考え方:国連銀行SRPの開発援助プログラムを最大限に利用した日本道州制の実現!
戦後復興期に日本はなぜ赤字国債も発行することなく日本の景気を良くすることができたか?また、池田勇人総理がなぜ、所得倍増計画を実現することができたのか?その理由は、国連銀行SRPの存在を知らなければ、その答えを導き出すことができない。
国連銀行といえば、世界銀行(復興開発銀行)、IMFであるが、当時は、アジア王族グループから寄付された財源=SRP(ソブリン ロイヤル ポートフォリオ)が積極的に活用されて、開発援助としての資金が日本にも投入された。これは、米国が日本へ与信枠の寄与(日本銀行)ということで、外貨建の与信が提供され、結論、日本はそれをもって日本円を発行して、マネーサプライ(通貨供給)をおこなったことが言える。特別会計
この仕組みは、その後、政府への資金投入が直接できなくなり、日本政府は、1965年から赤字国債を臨時的に発行することになり、現在まで増え続けている。今は、赤字国債の恒久的な発行となり、これは、財政法4条の違反であるが、解釈をどうするかということで、今まで借金を増やすことをおこなってきた。また、日本銀行へ国債を直接買い入れを禁止している法律があるが、実質、アベノミクスでは、民間を一瞬経由しているが、日銀が国債の買い入れを行い続け、結論、日本の借金問題が非常に膨らむ結果になっている。大きな政府を維持できないということで、国民に対して税負担を増やそうとしていますが、国民は何の罪がないのですが、国家運営がうまく行かないために、国民負担を当たり前のように要求する政府運営は、政府運営としての限界に達しているといえます。つまり、国家の体制を改革しない限り、この肥大化した中央集権による国家体制により、国民負担を増やす傾向は止まらないといえますので、中央集権から地方分権へ、道州制をすぐにでも導入できるようにすること。道州制導入と地方特別会計の設置における「財政投融資」を行い地方財政の拡充により、国家体制を連邦制として維持することが求められる。
国連銀行SRPの収益化プログラムは、新たに国連規定の改正を行い2022年から新たな仕組みで資金提供がスタートしており、国家政府、地方政府、企業に対しても、一定の担保力があれば、銀行でSBLCを13ヶ月ブロックで発行することで、収益化プログラムに参加することができ、財源を確保することができる。つまり、この仕組みを通じて行えば、戦後復興期と同じようにSRPから財源(国連銀行からの開発援助)から資金を受け取ることができ、日本へのマネーサプライ(通貨供給)が可能になり、内需拡大型の経済を形成することができます。これは、外貨運用益の日本への導入ですから、日本国にとっては貿易黒字担ったのと同じことであります。つまり、インバウンドや輸出貿易に依存しなくても、外貨収入が日本に導入することができる仕組みということになります。ある意味、自国ファーストの政策を実現できます。
そのことを実現させることが、当方が党首である連邦共和党が提案する政策ということになります。
世界連邦推進と国連銀行SRPの開発援助プログラムを最大限に使い、日本を連邦制にすることで財源確保をおこないます。日本は米国政府、国連、そして国連銀行SRPの財源を使った世界連邦プロジェクトに協賛して、日本に世界連邦における国連銀行SRPの本部を設置したいという連邦共和党としての目標があります。

政治:国連銀行SRPを最大限に活用して日本を世界の成功モデルにしたい

《政治:国連銀行SRPを最大限に活用して日本を世界の成功モデルにしたい》

日本は昭和の復興期には、SRPからの資金援助を多額に受けて、アジアの奇跡と言われた復興を遂げることができました。今、SRPの復興計画における日本の成功例は大きな実績になっています。

そのことを考えても、また、国連銀行SRPの財源が開放去れる時期になりましたので、日本で成功モデルを作ることが可能だと考えています。
昭和の戦後復興期の政治家はなぜ偉大に見えたのか?理由は、人物もありますが、それを支える復興開発財源と言われる国連銀行SRPの財源があったからです。日本では天皇マネーなどと言われていましたが、実際には国連設立時にアジア王族グループ(天皇家を含む)寄付財源があり、世界銀行 IMFの基礎財源として資産が活用されました。当時は、これが、国連銀行SRPとしての資金として提供されており、当時の政治家、吉田茂、池田勇人、田中角栄などの政治家がこの資金について理解をして活用したことで、昭和の偉大な政治家として言われてきたのです。人物もそうですが、偉大な功績を出すには、それなりのマネーの力が必要になります。それが国連銀行SRPから提供されたものであったと言えます。

現在は、国連銀行SRPの業務については、メテ財団が行っています。米国財務省登録資産として監査されており、米国政府の管理下で資金が提供去れることになりますが、財源は非常に多くあります。わたしの立場は、メテ財団の公式広報大使としての業務をおこなっていますので、この資金を最大に活用するために全世界にアナウンスすることが仕事です。
当然、日本国に対しても同じことが言えます。なぜ政治的な動きを今後するのか?これは、国連銀行SRPから資金調達を最大限にするための提言を行い、日本が最も利益の出る体制するために社会システムの改革を行うのです。それが改革です。つまり、日本の経済問題はすべて国連銀行SRPに財源を肩代わりしてもらうことで、日本財政の国民負担をなくしていくのです。
これが非常に重要です。
実際のことをいえば、国連銀行SRPの目的は、世界各国に増え続けている債務の問題を解決することが目的であります。
日本は、約1400兆円の政府借金がありますが、正直、国連銀行SRPから見えれば、大した問題ではありません。10兆ドル程度です。その問題を解決するには、国連銀行SRPが目指す仕組みに日本国も合わせることで国民負担なく財源を確保できます。ですから、私自身が提唱するのは、日本合衆国構想です。その仕組を構築して、多くの地方にも複数の特別会計を持つことで、国連銀行SRPの資金譲渡プログラムを使い財源を確保して、国民負担なく豊かな暮らしができる仕組みを構築します。もっとも日本が成功したということ言えるようにするのが、わたしの仕事です。

日本を連邦制度を導入する国家へ(道州制と財政投融資による地方特別会計の設置)

■日本を連邦制度を導入する国家へ(道州制と財政投融資による地方特別会計の設置)
国家は、企業と考えるべきです。
これから世界が向かうのは、2030年に向けて世界連邦へ向けて国連が変革していきます。つまり、統一社会制度に向けて世界は動きます。
日本は、これからどうなるか?それは、日本国民の選択となりますが、今までの資本主義社会でなく、これから目指すことは、連邦制度となり、「共和主義」ということが重要になります。
つまり、政府は企業となり、国家(政府)の従業員である国民を如何に生活させていくか、企業としてのサービスを提供していくかということが課題になります。
なぜ、道州制度について行う必要があるのか?これは、日本国内に於いても、連邦制により政府機能を作る必要があるからです。つまり、国家政府、地方政府は、すべて企業サービスとしてその地域にすむ人たちへどのようなサービスを提供できるか考えるべき時代にが来るのです。
戦後80年近くが過ぎ、旧体制における社会システムは、劣化しています。これからの世界は、すべて連邦制度における政府は企業としてその地域を住む人達に企業サービスとしていろいろ独自の地域特性をつかって、国家(国家政府という企業)を形成することが重要です。当然、財源は、財政投融資(特別会計)を主たる収入にして、税収は極端に集めることをやめます。また、社会サービスに関しても、教育、医療、福祉などは、無償化を行い、地域経済の活性化させるための産業投資を行う財源も各地方がもつ道州制による財政投融資(特別会計)から財源を確保するということが重要です。つまり、日本の地方も連邦制になり、道州制として地域社会の独自の予算を持って地域社会の発展を行うことが重要です。

新しい日本のあり方

新しい日本のあり方ということを考えています。
やはり日本の国は 中央集権よりも これだけ長い国土があるのですから道州制による連邦制度が良いと考えています。
つまり 大きな政府というよりも 中央政府に関しては 外交や安全保障などを行う昨日を持たせ アメリカ合衆国における連邦制度 のような仕組みが良いとを考えています。
また最近の選挙制度改革ということで言えば これは 議院内閣制ではなく直接選挙による国家のリーダー 総理大臣の選出ということが重要かと思っています 政党政治にすると一部の政党に資金が集まるような ワイド セージがあまりにも横行するということを考えれば 国民による直接選挙でリーダーを決定し そのリーダーによって政府の運営を任す という方にした方が良いと思います。
ですから 基本的考えは 共和主義ということにはなりますが日本における戦後の民主主義 製造 というものに限界が来ていると思いますので中央集権から地方分権へ 道州制度の導入 そして 道州制における地方による特別会計の設置ということが重要と考えています。
つまり 地方でも特別階級を持ち 財政投融資をしながら財源を確保する つまり これは 米国財務省の登録資産である SRP アジア 王族 グループからの資金調達を行い 地方政府の財源を確保するようにすれば日本の中央政府の特別会計と同じことができます。
私自身は SRP の資金提供 プログラムを行っている メテ財団の公式 アンバサダーとして業務を行っております 現在は 国家 政府だけではなく 地方政府に関してもこのプログラムはできます。
ですから 少し 制度改革をすれば地方にも特別会計を持って財政投融資を行いながら財源を確保できる仕組みというのは十分できます なぜならば今は国家 政府 地方政府 関係なしに この米国財務省を管理 資産である SRP からの資金調達ができるからです 手続きを 私ができます。
そうすることによって地方分権における財源確保ができるわけです 地方分権をしても財源がないということで 道州制 が実現できていなかったのですが 財源の確保する手段が地方で行う財政投融資における特別会計による資金調達であれば これは誰も文句言われません 全て日本の中央政府が行っている特別会計の財政投融資の米国財務省 資産 SRP からの資金調達と同じことを地方政府でも行えばいいのです。
つまり 財源 という問題が国家を形成しているわけですから 地方でも財源を確保できる仕組み すなわち 地方で作る財政投融資における特別会計 これが やはり 道州制を実現し 同時に 地方分権を実現させる一番のポイントになります 法律などは別に誰が決めてもいいわけですから 財源の問題です 中央集権になるのはこれは 財源が全て 中央が握っているからです。
これらのことが理解ができればこの仕組みは十分に成り立つわけですから私としては 道州制の実現及び地方における特別会計 財政投融資による資金調達ができる仕組みを構築をし 地方は地方で それぞれのことが決められていくような世界を作り上げることによって 中央集権における 賄賂政治というものは 是正されていくのではないでしょうか。
すべてのリアクション:

あなた、宮本貴久生、こんの ひとし

次の日本は、連邦制度による地方分権、地方特別会計による財政投融資による財源確保により国民負担をなくし、日本合衆国を目指す。

次の日本は、連邦制度による地方分権、地方特別会計による財政投融資による財源確保により国民負担をなくし、日本合衆国を目指す。

やはり、今の現状を考えれば、日本のああらしい仕組を構築することを考える必要が重要になる。
世界は連邦国家を目指す中で、日本国内も連邦国家として地方分権を行うことが重要だと考えている。道州制導入である。地方政府を道州制を導入し、道州制政府が、地方でそれぞれの特別会計による財政投融資をしながら、国民負担をなしで財源を確保しながら、地域社会の発展に貢献するることが重要と考えている。つまり、日本を米国のような日本合衆国構想である。もともと江戸時代は、日本は連邦制度の国家であったが、明治時代、薩長同盟により全国をまとめるために中央集権と天皇制による国家を形成したと言える。その背後には、欧米の国際金融資本によるロイヤルと銀行統治という背景もあり、結果、その流れが、150年も継続したことになる。しかし、やはり、中央集権ではなく、日本列島も結構東西に距離があり、長い国家であるので、それを考えれば、日本は、それぞれの地域によって、特性を持たせた体制での社会形成が必要であり、連邦制度としての道州制を早急に導入する。連邦制については、実現が難しいといわれるのは、予算がないということを言われているが、これは、日本の中央政府が行っている特別会計の財政投融資の手段とおなじ、米国財務省の登録資産で、国連設立時にアジア王族グループからの寄付財源であるSRPの運用プログラムから資金を調達をすれば、確実に毎年継続な資金調達が可能になる。日本の特別会計の財源の謎といわれてきたことは、これは、国連銀行システムであるSRPによる運用プログラムから資金を調達しているのである。この仕組みについては、2020年以降、国連規定を変えることで条件を満たすことで、世界の国家政府、地方政府、企業でも、国連銀行SRPの財源から資金調達が可能である。つまり、道州制の実現は、その予算は、地方で作る特別会計による財政投融資により資金調達を行い実現するという方法であり、この申請業務は、わたしが国連銀行SRPのマネージメントを行うメテ財団の公式アンバサダーであるので、手続はできるので、正直、条件を満たせば、100%実現可能な制度である。これは、松下幸之助が提唱した運用をして国家を運営すれば、無税国家を可能にするといったことと同じことが実現できるといえる。国民負担は、一定の低い比率の固定税収をおさめ、あとの財源は、すべて特別会計をたくさん作り、国連銀行SRPによる運用プログラムで継続的に収益があがるようにすれば、国家運営は、SRPからの配当金(資金譲渡)によって、財源は確保することができる。これにより日本合衆国をつくることができる。この世界を目指すことが日本を豊かにするうえで非常に重要な政策となる。国連は、2030年に向けて世界連邦を目指して仕組を構築しようとしているが、日本もそれに合わせて、連邦制度による国家形成 日本合衆国構想を推進すべきだと提唱する。

今からでも日本はできる 日本列島改造論 のような 内需拡大型経済の実現

今からでも日本はできる 日本列島改造論 のような 内需拡大型経済の実現

今からでも日本はできる 日本列島改造論 のような 内需拡大型経済の実現

日本列島改造論 という本が昔出版され 非常に大それた計画が 田中角栄という政治家が説明したことが 歴史的にも話題にはなっていますが なぜあのような話が書くことができたのか その資金源はどこにあったのかということを追求すると実際のことを言えば 現在私が取り扱っている SRP ソブリン ロイヤル ポートフォリオ と言われる アジア 王族 グループからの寄付 財源として米国財務省に登録されている資金がありますが その資金を活用し 日本列島を解像度をしようとしたことには間違いはありません。

これは SRP というのは1341万トンのゴールドに裏付けられています これのほとんどは 第二次世界大戦の時に日本軍がアジア 王族 グループから集めてフィリピンやインドネシアに運んだもの また日本国内 あったものなどが多く含まれております。

その他にも ドイツナチスがバチカに運んだ 金塊や色々とありますが 世界に約8000か所に保管されていると言われています。
ゴールドだけでは 現金化することができませんので それを通貨を発行するために 米国財務省に登録をし 米国国務省で UCC 統一商法での担保設定を入れ そして 欧州のプライマリーバンクでユーロを発行しそれを世界各国の開発援助 プログラムの資金として提供しています。

つまり この資金を最大限に活用すれば日本列島 改造論のような非常に大きな国家プロジェクトを実現化できると言えます。

現在 この SRP の資産を管理し マネジメントしている企業が 私が 公式 アンバサダーを務めている メテ財団 となります。

つまり これは私自身が 日本列島改造論を実現するために SRP の資金を動かす アドバイスをすれば手続きは全てできるということになります。

政治の世界はあまり どうかなと思っていましたが 最近の日本の状況を見ると政治の世界は非常に混沌としており 抜け道のないような話しかしておりませんので 要は財源でしょ というような話になります。

つまり 世界最大の資産であり 世界最大の財源がある SRP から 日本にどのようにして資金を引っ張ってくるかということが ポイントでその マネジメントをやっている会社の公式メンバーで働いているのは私ですから 問題解決をする方法があるということになります つまり 日本国のこの今の混沌とした問題解決はこれは SRP の資金を使って行えば確実に問題なくできます。

SRP から資金を調達するには1つだけ 条件があり これは 積立金があることが条件となります。

特別会計のような 積立金があればその担保力を利用して SRP の資金を調達することができます。

これは sblc と言われている スタンバイ LC を発行することによって 13ヶ月 ブロックをすると1年間 満期で sblc の発行金額と同等 金額が提供されます。

これはユーロで提供されますので 外貨です。

この仕組みを使えば わざわざ インバウンド や外国からの観光客の誘致 また 必死に 貿易をして海外へ輸出するなどしなくても外貨は調達できます。

内需拡大型の経済を拡充することができるということが言えます。

したがって 日本列島改造論 のような 内需拡大型の経済を行い 国民生活を豊かにすることが可能となるわけです。

今は考え方がそういう方向性ではないので その権利もありませんから政治家の考えていることを言っていることは非常に小さくて国民が豊かになることはないのですが 結果 どうすれば良いか SRP の資金が使えるかどうかで国が発展するかどうか決まります。

このことはアメリカ大統領でも同じことです。 SRP の資金が使えるかどうかでその国の発展の状況が決まります。 つまり 経済政策がうまくいくかどうか というのは SRP の仕組みを最大限に使うことができれば経済が安定します。

日本経済を底上げすることが私の使命だと感じています。

日本経済を底上げすることが私の使命だと感じています。

最近は感じることは 日本の経済を底上げするためには 最も重要なことはマネーサプライを行うことです。

私自身が 今行ってる仕事というのは これはメテ財団 という国連 銀行 システムを構築している財団になりますが この財団が行っている仕事というのは 中央銀行以外でマネーサプライを行う業務を行っています。

中央銀行というのは 資金を市場に貸し出すということで マネーサプライ 資金供給を行っていますが これは借金が伴う資金として期限付きで返済しなければいけません。

中央銀行だけですと 雪だるま方式に借金を借り換えながら 増やしていく 以外 経済を拡大する方法がなく 結果 借金の問題が市場を圧迫し始め 経済は途中で疲弊し始めます。

その問題を解決するには 中央銀行の仕組み 以外の借金を伴わない形でのマネーサプライを行う つまり 資金供給を行うことが重要です。

その業務を行っているのが 国連 銀行としての働きを持つ メテ財団 グループが行っている資金投入の仕組みです。

今日本の状況は非常に厳しい状況で 経済状況も良くない中でアベノミクスの失策により 日本国は借金で 非常に厳しい状況に陥っています この問題を解決するには 外部からの資金注入をするつまり国外からの資金注入をするということになれば これは 貿易黒字と同じ意味になりますので インバウンド やまた貿易での黒字によって儲けたと同じ意味合いなり 資金の流通量は増えることになります。

そうすることによって市場にある借金の問題は 次第と解決していくことになり 国民の負担も軽減されていくということになります。

つまりこのマネーサプライの仕組みをしっかり 導入することが我々にとっての重要なポイントであり これを 政治の政策として活用していく以外は道がないと思う最近はよく思うのは政治の世界にもしっかり 口を出すような形で行動していくように考えています。

我々の世界というのは 一般的にはあまり語られる 世界ではないのですが 私自身は長年通貨に関する仕組みを研究してきました。 やっと自分自身がこの仕組みの 公式メンバーとして仕事をするようになったわけですから これを最大限に使い 日本の経済 底上げするというのが 私にとっての使命だと感じています。

つまり 今後は政治的な方面にも色々と提言をしていくということをしっかり考えていきます。

今日本にとって最も重要なことはマネーサプライをしっかり供給することだ

今日本にとって最も重要なことはマネーサプライをしっかり供給することだ。供給することだ

今日本国にとって重要なことは 国連 銀行 システム SRP からの資金を供給する つまり マネーサプライ としての資金供給を行うことが非常に重要になっています。

日本の国の問題というのはお金の問題がほとんどでお金の問題を解決するのは国民の税金から解決するという考え方はもう捨てた方がいいです。

 

1951年から SRP アジア 王族 グループが提供する資産から資金に提供を受けています。

日本国ではこれが 簿外資金などと言われていますが 現在においては これは 米国財務省が登録をし 監査している資金となりその資金を提供しているのが私自身が所属するメテ財団 グループによって SRP の資金が提供されています。

 

日本のマネーサプライ を問題解決するにはどうすれば良いのかというのはこれは SRP からの資金調達を日本国が行えば良いだけです つまり 日本銀行が通貨を発行する時には民間か もしくは 政府が日本銀行から資金を借りるということで 借金として資金を市場が 調達しているわけですから これはいつか返済しないといけない資金となるわけです

金融緩和をして市場に資金をどんどん流したからと言っても結局は 中央銀行のお金というのはいつか返してください。ただ単に貸し出しする時はそんな難しいことは言いません 。というのが条件だけです。

金融緩和と言っても これは返さないといけない資金ですから大量に資金が 流通 すればそれだけ多くの資金を返さなければいけない という問題が生じます それを誰かが肩代わりしない限りは 市場の資金が減ってしまいます。

つまり マネーサプライ という問題は中央銀行が貸し出した借金の問題を誰かが肩代わりすなわち SRP からの開発援助 プログラムとして 肩代わりすることによって資金の供給量が 保全 され この資金はわざわざ返さなくても良い資金として資金が市場に残るわけです。

ですから 重要なポイントというのは借金を伴わない資金を市場に投入するそのことを行うのが SRP が行っている開発援助 プログラム以外 地球上に存在しない このプログラムにしっかり対象になる方が参加をし資金を調達し 日本国内に資金を流通させれば問題はなくなります。

このことを説明しているだけでそれ以外の手法はもう地球上には存在しません 国民を苦しめるための 増税をする以外道はありませんが それをしても問題は解決しません。

つまり マネーサプライを行うことが 日本にとって今一番緊急事項として重要なことです そのことを皆さん 国民は理解しないといけません。

今日本の国が非常に危機的な状況を迎えています 今こそ立ち上がらなければいけません。

最近の日本の状況を見ると政治と金の問題がまた大きく クローズアップされてきております。

 

これは非常に問題があると思うのですが 政府のマネーサプライ がいろいろ うまくいっていないということが原因しているのですが国民に対しては増税 負担をお願いしている中で政治家がキックバックを取って しかもそれを確定申告しないで脱税しているということが 大々的に報道されると日本国民 誰も税金払いたくなくなります。

つまりこういう風な状況が起こっているということは 国家の分裂法を招きかねる つまり 意識が 何のためにこの国にいるのかをよくわからないという状況に陥る可能性があります。

 

やはり ルールを決め法律を決め 国民に皆さんにお願いをするということで税金を集めているのであれば それを決めているリーダーが率先して違反をしているのであれば話はもうどうしようもないレベルに陥ったということと同じになります。

 

つまり もう一度日本はきちんとした形でやり直す時期が来ているかと思います 社会システムに関しても それぞれの金融システムや法律 または 選挙制度など これは改革をして新たな方向性を決めていかなければ今の国家のままでは とてもやっていけないというような感覚に陥ります 特に今の執行部 はそれが当たり前のようなことして反省の顔もしないでやめる気はありませんと言っているぐらいですからこれ 実は結構ひどいなと思うんです。

そのような状況の中で国をどうすれば良いかということを本当に真剣に考える必要があると思っております つまり 日本の借金の問題が国民の借金の問題となり この問題を解決する上で国民に負担を要求するというところが間違っているのです。

 

つまり マネーサプライにおける仕組みをきちんと理解すれば それを解決する手段があるとしてもそれを活用することなく 国民の負担によって苦しみを与えるという政策を推進するということが国民にとって最悪の悪を政府が提供していることになります これはこんなことを行っていれば日本国としての意味がなくなります。

 

のより強く思いますので 私自身は一度 政治に出たことはあり 政治には関心はありますが選挙に出てもなかなか人気が取るのは難しいと思いますので 選挙には出ようと思いませんが 意見は言いたいと思います。

こんなことやってた日本はぐちゃぐちゃになるよと言いたいんですね それが許されるような世界だったらこんな国は存在しない方がいいと思います。

 

つまり 最大限の問題解決する手段 マネーサプライをきちんと行い資金を流通させれば国民の借金問題や増税問題などを全く必要なくなります。

我々としてはその手段を持っているわけですから それを最大限に活用し 日本の国をよくするということ また 世界に貢献するということを行うために 日々活動しています。