日本経済が絶対に復興するプログラム

■日本経済が絶対に復興するプログラム

日本の経済問題は日本の独自の努力で解決することは考えないのが一番です。

日本人がいくら頑張っても貧困の政策から抜け出すことはできません 政府は国民に対して 増税を要求します それはなぜかといえば 資本主義の経済の仕組みというのが 中央銀行からの借り入れでしか マネーサプライができないというのが 表向きの経済の仕組み だからです。 経済規模が大きくなれば100% 借金が増えるわけです。

ですから 日本銀行 日本政府 国民 という中でいくら頑張っても国家の借金問題は解決することはないのです。
解決する方法がない問題をどうすれば良いのかということを考えれば これは外国からのインバウンドで外貨を稼ぐしかない。

もしくは 外国人の観光客を IR に呼び込んで外貨を稼ぐしかない 。

貿易黒字による外貨を稼ぐしかない。

というしか方法がないのです。 最後は日本国民が外国に出稼ぎに行って外貨を稼いでこいという話になるのです。
まさに昔のからゆきさん 状態です。

さて そのような状況を打破するにはどうすれば良いのかというのはこれは 国連 銀行 SRP が提供する外貨による開発援助 プログラムの名称で資金が譲渡されますのでそのプログラムに最大限に参加をし 財源を確保するのが一番賢い 手段です。

これは借金を伴わない資金としてマネーサプライを行える手段です。

この仕組みというのは 資本主義経済を作る上で作られてきた 仕組みでありますし 日本自身はアメリカの属国でもありますから西側諸国 として完全に存在しているので この西側が考えたマネーサプライの仕組みに載らなければ日本は豊かになることは絶対ないのです。

これはなぜかというのは非常に単純な話で資本主義経済を作った際の モデル としてなぜ中央銀行は借金をさせながら資金を供給するのかというのはこれは 銀行家が考えた手段です。

ある意味 借金というものは 銀行券を発行し 何らかの担保を取ってお金を貸し出すわけですが返せなかったら それは 担保を合法的に取ることができるということである 意味 搾取の経済学だと言われています。

そのことを考えても マネーサプライを行う仕組みというものが一本化されているという理由も一つにあります 。

これは 国連 設立時に貨幣論の提唱者である ケインズが 提案したことだと言われていますが マネーサプライを行う仕組みがなければいつか中央銀行や政府が破綻をします。また戦争になります。 それを防ぐには 唯一のマネーサプライを行う組織が必要だということで スタートしたのが この 国連 銀行 SRP の仕組みです。

ただ 国連 銀行 SRP のマネーサプライの仕組みに関しては長年 隠されてきましたなぜならばこの存在があまりにも表になれば通常の銀行 業務がやりにくくなるということで これを一生懸命 隠そうとした経緯があります 。これは現在でもそのような傾向はありますが ここ最近になり少しずつ 公開はされてきています。

つまりこのマネーサプライを行う仕組みというものを理解しなければ資本主義経済の設計図 自身に最後は破綻するプログラムが仕掛けられているということに国民は気づかないといけないのです。

つまりこの仕組みに気づかなければ何回でも戦争を起こすことになり 貧困との戦いで結論 国民が苦しむということになります。

現状 日本が今 非常に苦しんでいるということは これはマネーサプライの仕組みについて理解をしていないからです。

通常の銀行業務 というのは 銀行券を発行する際には必ず借金として発行し 返せなければ何らかのペナルティがあるというような仕組みが当たり前だと思い込んでいるところに間違いがあるのです。

つまり ある一定の担保力を提示すれば 国連 銀行 SRP がマネーサプライを行い 資金供給をすることによって 中央銀行が貸し出している資金の肩代わりをするという仕組みがあるということを知らなければいけません。

このようにして借金の問題を是正していくのです 。この仕組みが理解できなければ 正直 日本経済は今後 破滅への道へ向かいます。

このことを説明しているのです。

日本経済が今後どのようにすれば復興できるかというのは これは日本国内の問題で解決できる話ではなく 米国 国連 銀行 SRP からのマネーサプライの教授を受けなければ日本という国は今後 プライマリーバランスの正常化などはできません。

IMF が言うように消費税 15% 20% 25%でも足らなくなるのではないか などと言われ 財務省がそれをしようとしていますが そういうことをすれば国民は死んでしまいます。

つまり 国連 銀行 SRP については 彼らは分かっていても表にはしないというのは気づかなければ この制度は 導入させないということですから 私は皆様に これを告知し 気づきを与えているのです。

つまり私自身が国連 銀行 SRP の制度 マネージメントしているメテ財団の公式広報大使として 全世界に対する業務を行っているからです。

つまり 国連 銀行 SRP からのマネーサプライを行うための告知及び手続きに関しては私自身が行っている業務ということになりますから そのことを行えば 国連 銀行 SRP つまり 米国財務省及び米国国務省及び欧州のプライマリーバンクからの資金供給ができるということになります。

このことを理解してください。 これをするために 私自身が 今 地方分権にし日本も 連邦国家として地方特別会計を設置しましょう。 中央政府の特別会計 もしっかりこの SRP からの財源を確保し 地方も同じように確保してくださいということを提案しているのです。

一つの財布よりも たくさんの財布でマネーサプライを受ければ日本は多額の借金問題は解決が早いです。

現在大阪万博 などで多額の資金がかかると言って国民が反対をしていますが 実は 国連 銀行 SRP の開発援助 プログラムに参加しておけば 財源は全て国連 銀行 SRP から提供される方法があるわけです。

また地方自治体でよく問題になるのが 地方自治体の赤字 問題 ということで 例えば よく話題になるのが 京都市の赤字の問題。

これは京都の地下鉄が非常に赤字が大きいということで 京都市の財政がもうすぐ破綻しそうだということが話題になっていますが この問題も実は 民営化をして 国連 銀行 SRP からの開発援助 プログラムに参加する もしくは 今年が 特別会計を持って財政投融資をすれば財源は確保できるわけです。

つまり 地方自治体が何らかの イベントや大型のインフラ投資などをすればほとんどが赤字で財政が悪化し 結論として 財政破綻への道へ繋がるということが起こっていますが これは 政府からの財源というものは 地方交付税交付金 つまり 中央からの地方への交付金が頼りで財源を確保しておりまたその財源について 使い切り でなければいけない 。また 使用用途については 限定されるなどの自由度がないために 全て 中央政府からの援助がなければ成り立たないという地方財政の仕組みに問題があるわけです。

つまり 連邦制度にして地方自治を強くさせる そして国家をどのようにして維持していくか というのは 各地方で特別会計を持ち 特別会計の担保力を持って 国連 銀行 SRP からの開発援助 プログラムの資金を受けそれを毎年 継続的に資金を投入することによって財源を確保すれば国民の負担は全くなく しかも中央政府の交付金などに頼る必要もなく 財源を独自で確保できるようになります。

そうすることによって 地域特性を持たせた経済システムを構築することができるわけです。

このことを実現させることが私自身が行う 重要な政策ということになるわけです。

つまり私自身がなぜ連邦 共和党という政治団体を作ったのかというのはこれを日本国内で実現させるために 政治活動として 地方分権における特別会計 そしてその財政投融資における財源確保を支援するモデルを提供することが私自身の仕事だからです。

これは 国連 銀行 SRP からの資金を投入させるための手続きをするということが私の業務であるから それについて 日本国内でどのようにすれば良いかと考えた時に自分自身が政治活動としてその制度を作るために活動することが重要だと思ったので連邦 共和党を設立したわけです。

■日本経済が絶対に復興するプログラム

日本の経済問題は日本の独自の努力で解決することは考えないのが一番です。

日本人がいくら頑張っても貧困の政策から抜け出すことはできません 政府は国民に対して 増税を要求します それはなぜかといえば 資本主義の経済の仕組みというのが 中央銀行からの借り入れでしか マネーサプライができないというのが 表向きの経済の仕組み だからです。 経済規模が大きくなれば100% 借金が増えるわけです。

ですから 日本銀行 日本政府 国民 という中でいくら頑張っても国家の借金問題は解決することはないのです。
解決する方法がない問題をどうすれば良いのかということを考えれば これは外国からのインバウンドで外貨を稼ぐしかない。

もしくは 外国人の観光客を IR に呼び込んで外貨を稼ぐしかない 。

貿易黒字による外貨を稼ぐしかない。

というしか方法がないのです。 最後は日本国民が外国に出稼ぎに行って外貨を稼いでこいという話になるのです。
まさに昔のからゆきさん 状態です。

さて そのような状況を打破するにはどうすれば良いのかというのはこれは 国連 銀行 SRP が提供する外貨による開発援助 プログラムの名称で資金が譲渡されますのでそのプログラムに最大限に参加をし 財源を確保するのが一番賢い 手段です。

これは借金を伴わない資金としてマネーサプライを行える手段です。

この仕組みというのは 資本主義経済を作る上で作られてきた 仕組みでありますし 日本自身はアメリカの属国でもありますから西側諸国 として完全に存在しているので この西側が考えたマネーサプライの仕組みに載らなければ日本は豊かになることは絶対ないのです。

これはなぜかというのは非常に単純な話で資本主義経済を作った際の モデル としてなぜ中央銀行は借金をさせながら資金を供給するのかというのはこれは 銀行家が考えた手段です。

ある意味 借金というものは 銀行券を発行し 何らかの担保を取ってお金を貸し出すわけですが返せなかったら それは 担保を合法的に取ることができるということである 意味 搾取の経済学だと言われています。

そのことを考えても マネーサプライを行う仕組みというものが一本化されているという理由も一つにあります 。

これは 国連 設立時に貨幣論の提唱者である ケインズが 提案したことだと言われていますが マネーサプライを行う仕組みがなければいつか中央銀行や政府が破綻をします。また戦争になります。 それを防ぐには 唯一のマネーサプライを行う組織が必要だということで スタートしたのが この 国連 銀行 SRP の仕組みです。

ただ 国連 銀行 SRP のマネーサプライの仕組みに関しては長年 隠されてきましたなぜならばこの存在があまりにも表になれば通常の銀行 業務がやりにくくなるということで これを一生懸命 隠そうとした経緯があります 。これは現在でもそのような傾向はありますが ここ最近になり少しずつ 公開はされてきています。

つまりこのマネーサプライを行う仕組みというものを理解しなければ資本主義経済の設計図 自身に最後は破綻するプログラムが仕掛けられているということに国民は気づかないといけないのです。

つまりこの仕組みに気づかなければ何回でも戦争を起こすことになり 貧困との戦いで結論 国民が苦しむということになります。

現状 日本が今 非常に苦しんでいるということは これはマネーサプライの仕組みについて理解をしていないからです。

通常の銀行業務 というのは 銀行券を発行する際には必ず借金として発行し 返せなければ何らかのペナルティがあるというような仕組みが当たり前だと思い込んでいるところに間違いがあるのです。

つまり ある一定の担保力を提示すれば 国連 銀行 SRP がマネーサプライを行い 資金供給をすることによって 中央銀行が貸し出している資金の肩代わりをするという仕組みがあるということを知らなければいけません。

このようにして借金の問題を是正していくのです 。この仕組みが理解できなければ 正直 日本経済は今後 破滅への道へ向かいます。

このことを説明しているのです。

日本経済が今後どのようにすれば復興できるかというのは これは日本国内の問題で解決できる話ではなく 米国 国連 銀行 SRP からのマネーサプライの享受を受けなければ日本という国は今後 プライマリーバランスの正常化などはできません。

IMF が言うように消費税 15% 20% 25%でも足らなくなるのではないか などと言われ 財務省がそれをしようとしていますが そういうことをすれば国民は死んでしまいます。

国連 銀行 SRP については 彼らは分かっていても表にはしないというのは気づかなければ この制度は 導入させないということですから 私は皆様に これを告知し 気づきを与えているのです。

つまり私自身が国連 銀行 SRP の制度 マネージメントしているメテ財団の公式広報大使として 全世界に対する業務を行っているからです。

国連 銀行 SRP からのマネーサプライを行うための告知及び手続きに関しては私自身が行っている業務ということになりますから そのことを行えば 国連 銀行 SRP つまり 米国財務省及び米国国務省及び欧州のプライマリーバンクからの資金供給ができるということになります。

このことを理解してください。 これをするために 私自身が 今 地方分権にし日本も 連邦国家として地方特別会計を設置しましょう。 中央政府の特別会計 もしっかりこの SRP からの財源を確保し 地方も同じように確保してくださいということを提案しているのです。

一つの財布よりも たくさんの財布でマネーサプライを受ければ日本は多額の借金問題は解決が早いです。

現在大阪万博 などで多額の資金がかかると言って国民が反対をしていますが 実は 国連 銀行 SRP の開発援助 プログラムに参加しておけば 財源は全て国連 銀行 SRP から提供される方法があるわけです。

また地方自治体でよく問題になるのが 地方自治体の赤字 問題 ということで 例えば よく話題になるのが 京都市の赤字の問題。

これは京都の地下鉄が非常に赤字が大きいということで 京都市の財政がもうすぐ破綻しそうだということが話題になっていますが この問題も実は 民営化をして 国連 銀行 SRP からの開発援助 プログラムに参加する もしくは 今年が 特別会計を持って財政投融資をすれば財源は確保できるわけです。

つまり 地方自治体が何らかの イベントや大型のインフラ投資などをすればほとんどが赤字で財政が悪化し 結論として 財政破綻への道へ繋がるということが起こっていますが これは 政府からの財源というものは 地方交付税交付金 つまり 中央からの地方への交付金が頼りで財源を確保しておりまたその財源について 使い切り でなければいけない 。また 使用用途については 限定されるなどの自由度がないために 全て 中央政府からの援助がなければ成り立たないという地方財政の仕組みに問題があるわけです。

つまり 連邦制度にして地方自治を強くさせる そして国家をどのようにして維持していくか というのは 各地方で特別会計を持ち 特別会計の担保力を持って 国連 銀行 SRP からの開発援助 プログラムの資金を受けそれを毎年 継続的に資金を投入することによって財源を確保すれば国民の負担は全くなく しかも中央政府の交付金などに頼る必要もなく 財源を独自で確保できるようになります。

そうすることによって 地域特性を持たせた経済システムを構築することができるわけです。

このことを実現させることが私自身が行う 重要な政策ということになるわけです。

つまり私自身がなぜ連邦 共和党という政治団体を作ったのかというのはこれを日本国内で実現させるために 政治活動として 地方分権における特別会計 そしてその財政投融資における財源確保を支援するモデルを提供することが私自身の仕事だからです。

これは 国連 銀行 SRP からの資金を投入させるための手続きをするということが私の業務であるから それについて 日本国内でどのようにすれば良いかと考えた時に自分自身が政治活動としてその制度を作るために活動することが重要だと思ったので連邦 共和党を設立したわけです。