日本経済が絶対に復興するプログラム

■日本経済が絶対に復興するプログラム

日本の経済問題は日本の独自の努力で解決することは考えないのが一番です。

日本人がいくら頑張っても貧困の政策から抜け出すことはできません 政府は国民に対して 増税を要求します それはなぜかといえば 資本主義の経済の仕組みというのが 中央銀行からの借り入れでしか マネーサプライができないというのが 表向きの経済の仕組み だからです。 経済規模が大きくなれば100% 借金が増えるわけです。

ですから 日本銀行 日本政府 国民 という中でいくら頑張っても国家の借金問題は解決することはないのです。
解決する方法がない問題をどうすれば良いのかということを考えれば これは外国からのインバウンドで外貨を稼ぐしかない。

もしくは 外国人の観光客を IR に呼び込んで外貨を稼ぐしかない 。

貿易黒字による外貨を稼ぐしかない。

というしか方法がないのです。 最後は日本国民が外国に出稼ぎに行って外貨を稼いでこいという話になるのです。
まさに昔のからゆきさん 状態です。

さて そのような状況を打破するにはどうすれば良いのかというのはこれは 国連 銀行 SRP が提供する外貨による開発援助 プログラムの名称で資金が譲渡されますのでそのプログラムに最大限に参加をし 財源を確保するのが一番賢い 手段です。

これは借金を伴わない資金としてマネーサプライを行える手段です。

この仕組みというのは 資本主義経済を作る上で作られてきた 仕組みでありますし 日本自身はアメリカの属国でもありますから西側諸国 として完全に存在しているので この西側が考えたマネーサプライの仕組みに載らなければ日本は豊かになることは絶対ないのです。

これはなぜかというのは非常に単純な話で資本主義経済を作った際の モデル としてなぜ中央銀行は借金をさせながら資金を供給するのかというのはこれは 銀行家が考えた手段です。

ある意味 借金というものは 銀行券を発行し 何らかの担保を取ってお金を貸し出すわけですが返せなかったら それは 担保を合法的に取ることができるということである 意味 搾取の経済学だと言われています。

そのことを考えても マネーサプライを行う仕組みというものが一本化されているという理由も一つにあります 。

これは 国連 設立時に貨幣論の提唱者である ケインズが 提案したことだと言われていますが マネーサプライを行う仕組みがなければいつか中央銀行や政府が破綻をします。また戦争になります。 それを防ぐには 唯一のマネーサプライを行う組織が必要だということで スタートしたのが この 国連 銀行 SRP の仕組みです。

ただ 国連 銀行 SRP のマネーサプライの仕組みに関しては長年 隠されてきましたなぜならばこの存在があまりにも表になれば通常の銀行 業務がやりにくくなるということで これを一生懸命 隠そうとした経緯があります 。これは現在でもそのような傾向はありますが ここ最近になり少しずつ 公開はされてきています。

つまりこのマネーサプライを行う仕組みというものを理解しなければ資本主義経済の設計図 自身に最後は破綻するプログラムが仕掛けられているということに国民は気づかないといけないのです。

つまりこの仕組みに気づかなければ何回でも戦争を起こすことになり 貧困との戦いで結論 国民が苦しむということになります。

現状 日本が今 非常に苦しんでいるということは これはマネーサプライの仕組みについて理解をしていないからです。

通常の銀行業務 というのは 銀行券を発行する際には必ず借金として発行し 返せなければ何らかのペナルティがあるというような仕組みが当たり前だと思い込んでいるところに間違いがあるのです。

つまり ある一定の担保力を提示すれば 国連 銀行 SRP がマネーサプライを行い 資金供給をすることによって 中央銀行が貸し出している資金の肩代わりをするという仕組みがあるということを知らなければいけません。

このようにして借金の問題を是正していくのです 。この仕組みが理解できなければ 正直 日本経済は今後 破滅への道へ向かいます。

このことを説明しているのです。

日本経済が今後どのようにすれば復興できるかというのは これは日本国内の問題で解決できる話ではなく 米国 国連 銀行 SRP からのマネーサプライの教授を受けなければ日本という国は今後 プライマリーバランスの正常化などはできません。

IMF が言うように消費税 15% 20% 25%でも足らなくなるのではないか などと言われ 財務省がそれをしようとしていますが そういうことをすれば国民は死んでしまいます。

つまり 国連 銀行 SRP については 彼らは分かっていても表にはしないというのは気づかなければ この制度は 導入させないということですから 私は皆様に これを告知し 気づきを与えているのです。

つまり私自身が国連 銀行 SRP の制度 マネージメントしているメテ財団の公式広報大使として 全世界に対する業務を行っているからです。

つまり 国連 銀行 SRP からのマネーサプライを行うための告知及び手続きに関しては私自身が行っている業務ということになりますから そのことを行えば 国連 銀行 SRP つまり 米国財務省及び米国国務省及び欧州のプライマリーバンクからの資金供給ができるということになります。

このことを理解してください。 これをするために 私自身が 今 地方分権にし日本も 連邦国家として地方特別会計を設置しましょう。 中央政府の特別会計 もしっかりこの SRP からの財源を確保し 地方も同じように確保してくださいということを提案しているのです。

一つの財布よりも たくさんの財布でマネーサプライを受ければ日本は多額の借金問題は解決が早いです。

現在大阪万博 などで多額の資金がかかると言って国民が反対をしていますが 実は 国連 銀行 SRP の開発援助 プログラムに参加しておけば 財源は全て国連 銀行 SRP から提供される方法があるわけです。

また地方自治体でよく問題になるのが 地方自治体の赤字 問題 ということで 例えば よく話題になるのが 京都市の赤字の問題。

これは京都の地下鉄が非常に赤字が大きいということで 京都市の財政がもうすぐ破綻しそうだということが話題になっていますが この問題も実は 民営化をして 国連 銀行 SRP からの開発援助 プログラムに参加する もしくは 今年が 特別会計を持って財政投融資をすれば財源は確保できるわけです。

つまり 地方自治体が何らかの イベントや大型のインフラ投資などをすればほとんどが赤字で財政が悪化し 結論として 財政破綻への道へ繋がるということが起こっていますが これは 政府からの財源というものは 地方交付税交付金 つまり 中央からの地方への交付金が頼りで財源を確保しておりまたその財源について 使い切り でなければいけない 。また 使用用途については 限定されるなどの自由度がないために 全て 中央政府からの援助がなければ成り立たないという地方財政の仕組みに問題があるわけです。

つまり 連邦制度にして地方自治を強くさせる そして国家をどのようにして維持していくか というのは 各地方で特別会計を持ち 特別会計の担保力を持って 国連 銀行 SRP からの開発援助 プログラムの資金を受けそれを毎年 継続的に資金を投入することによって財源を確保すれば国民の負担は全くなく しかも中央政府の交付金などに頼る必要もなく 財源を独自で確保できるようになります。

そうすることによって 地域特性を持たせた経済システムを構築することができるわけです。

このことを実現させることが私自身が行う 重要な政策ということになるわけです。

つまり私自身がなぜ連邦 共和党という政治団体を作ったのかというのはこれを日本国内で実現させるために 政治活動として 地方分権における特別会計 そしてその財政投融資における財源確保を支援するモデルを提供することが私自身の仕事だからです。

これは 国連 銀行 SRP からの資金を投入させるための手続きをするということが私の業務であるから それについて 日本国内でどのようにすれば良いかと考えた時に自分自身が政治活動としてその制度を作るために活動することが重要だと思ったので連邦 共和党を設立したわけです。

■日本経済が絶対に復興するプログラム

日本の経済問題は日本の独自の努力で解決することは考えないのが一番です。

日本人がいくら頑張っても貧困の政策から抜け出すことはできません 政府は国民に対して 増税を要求します それはなぜかといえば 資本主義の経済の仕組みというのが 中央銀行からの借り入れでしか マネーサプライができないというのが 表向きの経済の仕組み だからです。 経済規模が大きくなれば100% 借金が増えるわけです。

ですから 日本銀行 日本政府 国民 という中でいくら頑張っても国家の借金問題は解決することはないのです。
解決する方法がない問題をどうすれば良いのかということを考えれば これは外国からのインバウンドで外貨を稼ぐしかない。

もしくは 外国人の観光客を IR に呼び込んで外貨を稼ぐしかない 。

貿易黒字による外貨を稼ぐしかない。

というしか方法がないのです。 最後は日本国民が外国に出稼ぎに行って外貨を稼いでこいという話になるのです。
まさに昔のからゆきさん 状態です。

さて そのような状況を打破するにはどうすれば良いのかというのはこれは 国連 銀行 SRP が提供する外貨による開発援助 プログラムの名称で資金が譲渡されますのでそのプログラムに最大限に参加をし 財源を確保するのが一番賢い 手段です。

これは借金を伴わない資金としてマネーサプライを行える手段です。

この仕組みというのは 資本主義経済を作る上で作られてきた 仕組みでありますし 日本自身はアメリカの属国でもありますから西側諸国 として完全に存在しているので この西側が考えたマネーサプライの仕組みに載らなければ日本は豊かになることは絶対ないのです。

これはなぜかというのは非常に単純な話で資本主義経済を作った際の モデル としてなぜ中央銀行は借金をさせながら資金を供給するのかというのはこれは 銀行家が考えた手段です。

ある意味 借金というものは 銀行券を発行し 何らかの担保を取ってお金を貸し出すわけですが返せなかったら それは 担保を合法的に取ることができるということである 意味 搾取の経済学だと言われています。

そのことを考えても マネーサプライを行う仕組みというものが一本化されているという理由も一つにあります 。

これは 国連 設立時に貨幣論の提唱者である ケインズが 提案したことだと言われていますが マネーサプライを行う仕組みがなければいつか中央銀行や政府が破綻をします。また戦争になります。 それを防ぐには 唯一のマネーサプライを行う組織が必要だということで スタートしたのが この 国連 銀行 SRP の仕組みです。

ただ 国連 銀行 SRP のマネーサプライの仕組みに関しては長年 隠されてきましたなぜならばこの存在があまりにも表になれば通常の銀行 業務がやりにくくなるということで これを一生懸命 隠そうとした経緯があります 。これは現在でもそのような傾向はありますが ここ最近になり少しずつ 公開はされてきています。

つまりこのマネーサプライを行う仕組みというものを理解しなければ資本主義経済の設計図 自身に最後は破綻するプログラムが仕掛けられているということに国民は気づかないといけないのです。

つまりこの仕組みに気づかなければ何回でも戦争を起こすことになり 貧困との戦いで結論 国民が苦しむということになります。

現状 日本が今 非常に苦しんでいるということは これはマネーサプライの仕組みについて理解をしていないからです。

通常の銀行業務 というのは 銀行券を発行する際には必ず借金として発行し 返せなければ何らかのペナルティがあるというような仕組みが当たり前だと思い込んでいるところに間違いがあるのです。

つまり ある一定の担保力を提示すれば 国連 銀行 SRP がマネーサプライを行い 資金供給をすることによって 中央銀行が貸し出している資金の肩代わりをするという仕組みがあるということを知らなければいけません。

このようにして借金の問題を是正していくのです 。この仕組みが理解できなければ 正直 日本経済は今後 破滅への道へ向かいます。

このことを説明しているのです。

日本経済が今後どのようにすれば復興できるかというのは これは日本国内の問題で解決できる話ではなく 米国 国連 銀行 SRP からのマネーサプライの享受を受けなければ日本という国は今後 プライマリーバランスの正常化などはできません。

IMF が言うように消費税 15% 20% 25%でも足らなくなるのではないか などと言われ 財務省がそれをしようとしていますが そういうことをすれば国民は死んでしまいます。

国連 銀行 SRP については 彼らは分かっていても表にはしないというのは気づかなければ この制度は 導入させないということですから 私は皆様に これを告知し 気づきを与えているのです。

つまり私自身が国連 銀行 SRP の制度 マネージメントしているメテ財団の公式広報大使として 全世界に対する業務を行っているからです。

国連 銀行 SRP からのマネーサプライを行うための告知及び手続きに関しては私自身が行っている業務ということになりますから そのことを行えば 国連 銀行 SRP つまり 米国財務省及び米国国務省及び欧州のプライマリーバンクからの資金供給ができるということになります。

このことを理解してください。 これをするために 私自身が 今 地方分権にし日本も 連邦国家として地方特別会計を設置しましょう。 中央政府の特別会計 もしっかりこの SRP からの財源を確保し 地方も同じように確保してくださいということを提案しているのです。

一つの財布よりも たくさんの財布でマネーサプライを受ければ日本は多額の借金問題は解決が早いです。

現在大阪万博 などで多額の資金がかかると言って国民が反対をしていますが 実は 国連 銀行 SRP の開発援助 プログラムに参加しておけば 財源は全て国連 銀行 SRP から提供される方法があるわけです。

また地方自治体でよく問題になるのが 地方自治体の赤字 問題 ということで 例えば よく話題になるのが 京都市の赤字の問題。

これは京都の地下鉄が非常に赤字が大きいということで 京都市の財政がもうすぐ破綻しそうだということが話題になっていますが この問題も実は 民営化をして 国連 銀行 SRP からの開発援助 プログラムに参加する もしくは 今年が 特別会計を持って財政投融資をすれば財源は確保できるわけです。

つまり 地方自治体が何らかの イベントや大型のインフラ投資などをすればほとんどが赤字で財政が悪化し 結論として 財政破綻への道へ繋がるということが起こっていますが これは 政府からの財源というものは 地方交付税交付金 つまり 中央からの地方への交付金が頼りで財源を確保しておりまたその財源について 使い切り でなければいけない 。また 使用用途については 限定されるなどの自由度がないために 全て 中央政府からの援助がなければ成り立たないという地方財政の仕組みに問題があるわけです。

つまり 連邦制度にして地方自治を強くさせる そして国家をどのようにして維持していくか というのは 各地方で特別会計を持ち 特別会計の担保力を持って 国連 銀行 SRP からの開発援助 プログラムの資金を受けそれを毎年 継続的に資金を投入することによって財源を確保すれば国民の負担は全くなく しかも中央政府の交付金などに頼る必要もなく 財源を独自で確保できるようになります。

そうすることによって 地域特性を持たせた経済システムを構築することができるわけです。

このことを実現させることが私自身が行う 重要な政策ということになるわけです。

つまり私自身がなぜ連邦 共和党という政治団体を作ったのかというのはこれを日本国内で実現させるために 政治活動として 地方分権における特別会計 そしてその財政投融資における財源確保を支援するモデルを提供することが私自身の仕事だからです。

これは 国連 銀行 SRP からの資金を投入させるための手続きをするということが私の業務であるから それについて 日本国内でどのようにすれば良いかと考えた時に自分自身が政治活動としてその制度を作るために活動することが重要だと思ったので連邦 共和党を設立したわけです。

政治:連邦共和党の考え方:国連銀行SRPの開発援助プログラムを最大限に利用した日本道州制の実現!

■政治:連邦共和党の考え方:国連銀行SRPの開発援助プログラムを最大限に利用した日本道州制の実現!
戦後復興期に日本はなぜ赤字国債も発行することなく日本の景気を良くすることができたか?また、池田勇人総理がなぜ、所得倍増計画を実現することができたのか?その理由は、国連銀行SRPの存在を知らなければ、その答えを導き出すことができない。
国連銀行といえば、世界銀行(復興開発銀行)、IMFであるが、当時は、アジア王族グループから寄付された財源=SRP(ソブリン ロイヤル ポートフォリオ)が積極的に活用されて、開発援助としての資金が日本にも投入された。これは、米国が日本へ与信枠の寄与(日本銀行)ということで、外貨建の与信が提供され、結論、日本はそれをもって日本円を発行して、マネーサプライ(通貨供給)をおこなったことが言える。特別会計
この仕組みは、その後、政府への資金投入が直接できなくなり、日本政府は、1965年から赤字国債を臨時的に発行することになり、現在まで増え続けている。今は、赤字国債の恒久的な発行となり、これは、財政法4条の違反であるが、解釈をどうするかということで、今まで借金を増やすことをおこなってきた。また、日本銀行へ国債を直接買い入れを禁止している法律があるが、実質、アベノミクスでは、民間を一瞬経由しているが、日銀が国債の買い入れを行い続け、結論、日本の借金問題が非常に膨らむ結果になっている。大きな政府を維持できないということで、国民に対して税負担を増やそうとしていますが、国民は何の罪がないのですが、国家運営がうまく行かないために、国民負担を当たり前のように要求する政府運営は、政府運営としての限界に達しているといえます。つまり、国家の体制を改革しない限り、この肥大化した中央集権による国家体制により、国民負担を増やす傾向は止まらないといえますので、中央集権から地方分権へ、道州制をすぐにでも導入できるようにすること。道州制導入と地方特別会計の設置における「財政投融資」を行い地方財政の拡充により、国家体制を連邦制として維持することが求められる。
国連銀行SRPの収益化プログラムは、新たに国連規定の改正を行い2022年から新たな仕組みで資金提供がスタートしており、国家政府、地方政府、企業に対しても、一定の担保力があれば、銀行でSBLCを13ヶ月ブロックで発行することで、収益化プログラムに参加することができ、財源を確保することができる。つまり、この仕組みを通じて行えば、戦後復興期と同じようにSRPから財源(国連銀行からの開発援助)から資金を受け取ることができ、日本へのマネーサプライ(通貨供給)が可能になり、内需拡大型の経済を形成することができます。これは、外貨運用益の日本への導入ですから、日本国にとっては貿易黒字担ったのと同じことであります。つまり、インバウンドや輸出貿易に依存しなくても、外貨収入が日本に導入することができる仕組みということになります。ある意味、自国ファーストの政策を実現できます。
そのことを実現させることが、当方が党首である連邦共和党が提案する政策ということになります。
世界連邦推進と国連銀行SRPの開発援助プログラムを最大限に使い、日本を連邦制にすることで財源確保をおこないます。日本は米国政府、国連、そして国連銀行SRPの財源を使った世界連邦プロジェクトに協賛して、日本に世界連邦における国連銀行SRPの本部を設置したいという連邦共和党としての目標があります。

政治:国連銀行SRPを最大限に活用して日本を世界の成功モデルにしたい

《政治:国連銀行SRPを最大限に活用して日本を世界の成功モデルにしたい》

日本は昭和の復興期には、SRPからの資金援助を多額に受けて、アジアの奇跡と言われた復興を遂げることができました。今、SRPの復興計画における日本の成功例は大きな実績になっています。

そのことを考えても、また、国連銀行SRPの財源が開放去れる時期になりましたので、日本で成功モデルを作ることが可能だと考えています。
昭和の戦後復興期の政治家はなぜ偉大に見えたのか?理由は、人物もありますが、それを支える復興開発財源と言われる国連銀行SRPの財源があったからです。日本では天皇マネーなどと言われていましたが、実際には国連設立時にアジア王族グループ(天皇家を含む)寄付財源があり、世界銀行 IMFの基礎財源として資産が活用されました。当時は、これが、国連銀行SRPとしての資金として提供されており、当時の政治家、吉田茂、池田勇人、田中角栄などの政治家がこの資金について理解をして活用したことで、昭和の偉大な政治家として言われてきたのです。人物もそうですが、偉大な功績を出すには、それなりのマネーの力が必要になります。それが国連銀行SRPから提供されたものであったと言えます。

現在は、国連銀行SRPの業務については、メテ財団が行っています。米国財務省登録資産として監査されており、米国政府の管理下で資金が提供去れることになりますが、財源は非常に多くあります。わたしの立場は、メテ財団の公式広報大使としての業務をおこなっていますので、この資金を最大に活用するために全世界にアナウンスすることが仕事です。
当然、日本国に対しても同じことが言えます。なぜ政治的な動きを今後するのか?これは、国連銀行SRPから資金調達を最大限にするための提言を行い、日本が最も利益の出る体制するために社会システムの改革を行うのです。それが改革です。つまり、日本の経済問題はすべて国連銀行SRPに財源を肩代わりしてもらうことで、日本財政の国民負担をなくしていくのです。
これが非常に重要です。
実際のことをいえば、国連銀行SRPの目的は、世界各国に増え続けている債務の問題を解決することが目的であります。
日本は、約1400兆円の政府借金がありますが、正直、国連銀行SRPから見えれば、大した問題ではありません。10兆ドル程度です。その問題を解決するには、国連銀行SRPが目指す仕組みに日本国も合わせることで国民負担なく財源を確保できます。ですから、私自身が提唱するのは、日本合衆国構想です。その仕組を構築して、多くの地方にも複数の特別会計を持つことで、国連銀行SRPの資金譲渡プログラムを使い財源を確保して、国民負担なく豊かな暮らしができる仕組みを構築します。もっとも日本が成功したということ言えるようにするのが、わたしの仕事です。

政治:世界連邦に向けてその政策に合わせて、国家の体制、政策を作る

政治:世界連邦に向けてその政策に合わせて、国家の体制、政策を作る

【政治:世界連邦に向けてその政策に合わせて、国家の体制、政策を作る】
国連銀行SRPが提案する「国家について」の考え方について書いている文章があります。それに準じて、日本国内の社会システムを作ることが重要だと思っています。SRP=国連設立時のアジア王族グループの寄付財源は、実際のことをいえば、なぜ第二次世界大戦後に、日本などの敗戦国が多額の賠償金を請求されずにすんだのか?その理由は、戦時中に集めたゴールドの資産については、すべて国連設立時の財源として寄付するということで、国連加盟国は、寄付されたゴールドによって、ゴールドの担保力を使って通貨を発行し、その資金を復興開発財源の名称で、賠償金として支払ったということにが原因しています。米国では、1951年にUCC(統一商法)の規定を決めて、UCCにおける抵当権設定は、最大30年で、30年を超えるとすべてのデーターは、抹消されると米国連邦法で決まっています。つまり、ゴールド担保にクレジットを発行しても、30年ですべてデーターが消えるわけですから、ゴールドの再利用ができ30年ごとに資金を発行できることになります。なぜいま世界的な動きがあるのか?そのことを考えても、UCCの規定は30年ごとにゴールドの担保力をどう使うか検討できるということは、その都度、大きな財源を生み出すことができると言える。今そのタイミングになっていると言えます。
第一次世界大戦後、この国連寄付されたSRPのゴールドにより背系経済が作られてきたのですが、日本も1968年に経済援助資金特別会計法という法律が抹消されています。米国での動きがあり、米国政府により開発援助プログラムに対してSRPの資産をつかわなくなったことで、政府間でのSRPでの支援が終了しました。やはり、その原因は、1963年のグリーンヒルトン協定についてのいろいろな出来事が関係しており、SRPの管理するゴールドは、表舞台から消えることになり、極秘案件として長年、資金が提供されることになりました。
このような歴史の流れがあり、新しい資本主義の時代の幕開けでは、SRPの資産を使って国連銀行SRPが中心となり、国連加盟国への資金提供を積極的に行うことになります。これは、実際に言えば、2022年から資金の発行はスタートしています。この業務をメテ財団が国連銀行SRPとして行っているわけです。
👆米国国務省のWebサイトにUCC登録されている国連銀行SRPの管理資産の登録情報 (NYの営業時間のみ見れます)
国連銀行SRPが最大で発行できるクレジットは、どの程度かといえば、65京米ドルまでの発行する能力があるということです。あまり、大きすぎて理解不可能ですが、地球上にある債権、現金すべて合わせて1600兆米ドル程度といわれれていますので、国連銀行SRPの発行能力は、その約400倍の経済を作ることができる資産力があることになります。つまり、国連銀行SRPの財源は、世界でいえば、圧倒的です。日本の政府の1400兆円の借金問題も大したことがありません。1400兆円=10兆米ドル 程度ですから、正直大した問題ではありません。つまり、国連銀行SRPが今後、世界連邦を作る上で、国連を世界連邦として世界の国家元首の200人委員会を設置して、国連銀行SRPが世界給付金システムを構築して加盟国の専用ウオレットに資金を提供していく、世界給付金システムを構築していくのです。
これが、2030年に向けての国連と国連銀行SRPにおける計画であり、それを実現させるために動いているのです。
国連銀行SRPの財源を最大限に恩恵を受けるために、日本の国家の仕組を構築することが重要だと、私は説明しているのです。つまり道州制にして、地方分権による地方特別会計の設置による財政投融資を国連銀行SRPから資金譲渡を受けて、道州制の財源確保をするということになります。財布は、1つよりもたくさんあった方が良いのです。ですから、中央の特別会計だけでなく、地方の特別会計と財政投融資が重要です。そうすることで、霞が関に行く必要なく、地方により独自財源を確保することができるのです。中央は、従来の制度を続け、地方は、新たに道州制の設置と地方特別会計の設置ですべて財源は国連銀行SRPから資金調達ですから、国民負担話でこの制度を実現できます。これで、社会保障、教育無償化、医療無料化、社会福祉無償化、ベーシックインカムができれば、最高でしょう。財源は十分にあります。仕組みが重要です。

これからは 日本 合衆国 構想を実現させる。

■これからは 日本 合衆国 構想を実現させる。

1919年以降の世界の歴史については結構 本当のことを公開されずに 現在に立っていると言えます。

特に日本の歴史教育では近代史に関してはあまり詳しく教えていないというのが現状でなぜ2回の大きな戦争を行ったのか 本当の目的は何だったのか ほとんどの人は分からずじまいで終わっています。

つまり 第一次世界大戦 第2次世界大戦と言われる世界大戦が起こった理由というものは 国際金融資本とゴールドという関係非常に関係したということを公表はされていません。

ただ その事実に関しても現在はずいぶん 情報は 開示されてきておりますので調べることは可能となってきました。

基本的には 2017年以降はこのことについては隠さないというような流れになっています。

戦争は実は金準備銀行を設立するためのゴールドの略奪 だったということを言えば簡単でいいのですが 世界はゴールドを略奪するために2回の大きな戦争を行った目的は 貿易をリードするための通貨を発行するためのゴールドを世界の王族から集めること ということが目的だった。

そのような事実になります。

実際に集められた ゴールドについて 英国などの調査団が調べた結果 全体で1341万トンのゴールドがあり世界に約8000カ所に保管されているということです。

このゴールドの多くの中には旧日本軍が関係したゴールドもたくさん含まれており アジアの王族 グループなどから集めた ゴールドをフィリピンやインドネシアに運んだもの まで 含まれています。

このようなものは全て現在は 米国財務省に登録されています。
もともとはこの財源の多くは 国連 設立時に世界銀行 IMF の財源として活用されましたが 2005年の時点で それを打ち切り その後はアジア 王族 グループのゴールド つまり SRP は独自の仕組みを持って資金提供を行うということで 資産に関しては全て 米国財務省に登録することになりました。

現在 国連 銀行と言われる仕組みによって所有されている金融資産はすべて 流動性のある資産としては ゴールドを裏付けとしています。

それを監査するにあたり 米国財務省が登録を行い 監査をし そして 米国国務省によって抵当権の設定をし 欧州のプライマリーバンクで資金を発行しています。

国連 銀行として 世界各国の開発援助 プログラムの資金として提供されています。

この業務を2020年からマネジメントしているのがメテ財団 となり 私自身はメテ財団の公式 アンバサダーとして世界の全ての国家 政府に対して国連 銀行からの開発援助 プログラムの資金提供を行う手続きを行っています。

つまりこのプログラムに関しては 国家 政府のみならず 地方政府や ある一定の資本力を持った大企業まで資金を国連 銀行から提供を受けることができます。

この世界システムを 世界 給付金システムと私は呼んでいますが この仕組みを使えば 実はベーシックインカムも可能になります なぜならば この1341万トンのゴールドに裏付けられた この国連 銀行の資産というものは世界でダントツ1位です。

なぜならば 世界の中央銀行や連邦準備制度が準備しているゴールドの量というのは 17万1000トンと言われており それに比べればはるかに多い量のゴールドが国連 銀行の 財源としてあると言えます。

この国連 銀行 システムというのが SRP ソブリン ロイヤル ポートフォリオにおける財源から資金を提供する仕組み この仕組みは 実は 1951年から日本 国の特別会計の国家予算外資金として資金が提供されてきた歴史があります。

歴史的には国連 銀行の仕組みは 世界銀行や IMF から移行し 現在はメテ 財団が今日も行っておりますが 基本的仕組みは同じです。

ただ 2020年に国連の規定を変えて 限定した国家に資金を提供していたのですが 現在は国連加盟国であれば 国連 銀行 システムである SRP からの資金を供給できるとルールを変えています。

そのために国家 政府だけではなく 地方政府や 大企業まで この資金を活用できますから ある意味 世界 給付金システムとしては 国家 政府だけにこだわることはないのです。

なぜ私が日本 合衆国が必要かというのは 地方政府にも独立した財政を持つということが重要と考えています つまり 日本は財政難を克服するには 中央集権の制度ではなく地方分権にし 道州制度を実現して 道州制度における地方特別会計を設置し 地方特別会計の財政投融資として 国連 銀行の SRP からの資金の提供を受けることによって財源はひたすら調達することができるようになります。

ですから私自身はこれから 国連自身が2030年に向けて 世界連邦を目指しているわけですから日本も国内の仕組みを 連邦制度に移行するという概念を持って 道州制の実現を目指したいと思います。

財源に関しては これは国民の税金ではなく全て国連 銀行 srb からの運用プログラム 財政投融資によって調達するということになりますから 国民負担は増えることもなく 財源だけ増えるという 嬉しい仕組みです。

このことを実現できるのは世界で唯一 国連 銀行 SRP の仕組みを活用する 以外 絶対に方法はありません。

世間では MMT 理論など中央銀行を使ってやればいいかということを言っていますが 実はそれをするとバーゼルの条約の問題や中央銀行がもし そのような仕組みを使えば 完全に 国際決済から排除されます。

つまり その国だけ 鎖国をして通貨を流通させれば良いということであれば 勝手にすれば というような話ですか 世界経済 特に日本のような貿易を大量に行っている国が国際決済から排除されるような金融政策が行えることはありません。

したがって地球上で唯一通貨の仕組みで供給ができるというのは 国連 銀行 SRP が行う開発援助 プログラムとしての資金投入 以外は存在しません。

その業務を行っているのが 米国財務省 資産を管理し マネジメント業務を米国政府のフロント企業として行っている メテ財団の業務ということになります。

つまり 現在日本における 借金問題や政府のプライマリーバランスの問題などを解決する方法というのはこれは 唯一国民負担がなくできる方法というのはこれは 国連 銀行 SRP の仕組みを使う つまりメテ 財団 が提供するマネーサプライ によって日本の資金の問題は解決できるということになります。

ですから 資金だけ 供給するのでは意味がないので それぞれの地域でプロジェクトを作るために地方分権にし 道州制度を拡充するために 日本 合衆国 構想を実現させる。

これは2030年までに国連が世界連邦を目指す中で日本も 連邦制度を目指すということを話しているのです。

世界はこの100年以上は全てこのゴールドと通貨の発行の仕組みというものに世界は翻弄されてきたという事実があります。

歴史的に見れば日本も結構これに関係してきたわけですから 日本は最大限に この資金を利用して 国家 を発展させることは重要だと考えています。

色々言われてますが 米国との関係で米国には頼らないような話をされている方も多いのですが 実際のこと言えば 日本の資産というものは全て もう SRP に寄付をするということで 国際金融市場で受ける財源というものは日本が独自で所有しているものはあまりありません。

そう考えれば世界大戦にもし日本が負けていなければ 事態は変わったかもしれませんが 敗戦国になって結局戦争で集めたものも全て SRP に寄付するということで 国連 銀行 システムの運用 財源として使われているわけですから その財源を拒否するようなことをすれば私はただの馬鹿にしか感じません。

日本人はどのようにして自分たちの利益を得るのかということを真剣に考えなければいけませんですから アメリカ 財務省の管理 資産から資金をもらうということを必死に考えてその仕組みに合わすことが一番です。

このことが理解できなければ日本の明日は100%ありません。

IMF などが 日本の状況について 消費税の増税をしなければ持たないということを言っていますが彼らは内心は本当のことはよく知っています なぜならば もともと国連 銀行 システムは IMF 世界銀行が行っていたわけです。

2005年以降は 国連 銀行 システムとしての SRP は 世界銀行 IMF との関係を中止をしたわけですがそれ以前は 開発援助 プログラムで世界銀行 IMF が この資産を活用してきたわけです。

現在は この資産に関しては 米国財務省に登録されて米国政府のフロント企業として メテ財団が業務を行っています。

このことを理解すれば私自身がメテ財団の公式 アンバサダーとして業務を行って この SRP の国連 銀行の資金を動かす 業務を行っているわけですからこの手段を最大限に活用しない手はないと考えています。

よって目指す 世界は地方分権を目指し 道州制度を導入し 各地方で持つ特別会計における財政投融資を行うということです、この財源はすべて 国連 銀行である SRP からの資金調達を行うということをすれば日本は100% 財源不足に悩むことはありません。

しかも、 国民の税金で負担するわけではないので積立金を置いておけば これで毎年 資金が入ってくる仕組みですから この国連 銀行 システムで最大限に利益を出る 手続きをすれば 国家は豊かになります。

しかもこの調達資金は日本円でなく 外貨 つまり ユーロでの調達になりますから 外貨準備高が増えるわけです。

ですから 来年度以降はこの仕組みを日本に普及させるために 日本 合衆国 構想を キャンペーンをしていきます。

■これからは 日本 合衆国 構想を実現させる。

1919年以降の世界の歴史については結構 本当のことを公開されずに 現在に立っていると言えます。

特に日本の歴史教育では近代史に関してはあまり詳しく教えていないというのが現状でなぜ2回の大きな戦争を行ったのか 本当の目的は何だったのか ほとんどの人は分からずじまいで終わっています。

つまり 第一次世界大戦 第2次世界大戦と言われる世界大戦が起こった理由というものは 国際金融資本とゴールドという関係非常に関係したということを公表はされていません。

ただ その事実に関しても現在はずいぶん 情報は 開示されてきておりますので調べることは可能となってきました。

基本的には 2017年以降はこのことについては隠さないというような流れになっています。

戦争は実は金準備銀行を設立するためのゴールドの略奪 だったということを言えば簡単でいいのですが 世界はゴールドを略奪するために2回の大きな戦争を行った目的は 貿易をリードするための通貨を発行するためのゴールドを世界の王族から集めること ということが目的だった。

そのような事実になります。

実際に集められた ゴールドについて 英国などの調査団が調べた結果 全体で1341万トンのゴールドがあり世界に約8000カ所に保管されているということです。

このゴールドの多くの中には旧日本軍が関係したゴールドもたくさん含まれており アジアの王族 グループなどから集めた ゴールドをフィリピンやインドネシアに運んだもの まで 含まれています。

このようなものは全て現在は 米国財務省に登録されています。
もともとはこの財源の多くは 国連 設立時に世界銀行 IMF の財源として活用されましたが 2005年の時点で それを打ち切り その後はアジア 王族 グループのゴールド つまり SRP は独自の仕組みを持って資金提供を行うということで 資産に関しては全て 米国財務省に登録することになりました。

現在 国連 銀行と言われる仕組みによって所有されている金融資産はすべて 流動性のある資産としては ゴールドを裏付けとしています。

それを監査するにあたり 米国財務省が登録を行い 監査をし そして 米国国務省によって抵当権の設定をし 欧州のプライマリーバンクで資金を発行しています。

国連 銀行として 世界各国の開発援助 プログラムの資金として提供されています。

この業務を2020年からマネジメントしているのがメテ財団 となり 私自身はメテ財団の公式 アンバサダーとして世界の全ての国家 政府に対して国連 銀行からの開発援助 プログラムの資金提供を行う手続きを行っています。

つまりこのプログラムに関しては 国家 政府のみならず 地方政府や ある一定の資本力を持った大企業まで資金を国連 銀行から提供を受けることができます。

この世界システムを 世界 給付金システムと私は呼んでいますが この仕組みを使えば 実はベーシックインカムも可能になります なぜならば この1341万トンのゴールドに裏付けられた この国連 銀行の資産というものは世界でダントツ1位です。

なぜならば 世界の中央銀行や連邦準備制度が準備しているゴールドの量というのは 17万1000トンと言われており それに比べればはるかに多い量のゴールドが国連 銀行の 財源としてあると言えます。

この国連 銀行 システムというのが SRP ソブリン ロイヤル ポートフォリオにおける財源から資金を提供する仕組み この仕組みは 実は 1951年から日本 国の特別会計の国家予算外資金として資金が提供されてきた歴史があります。

歴史的には国連 銀行の仕組みは 世界銀行や IMF から移行し 現在はメテ 財団が今日も行っておりますが 基本的仕組みは同じです。

ただ 2020年に国連の規定を変えて 限定した国家に資金を提供していたのですが 現在は国連加盟国であれば 国連 銀行 システムである SRP からの資金を供給できるとルールを変えています。

そのために国家 政府だけではなく 地方政府や 大企業まで この資金を活用できますから ある意味 世界 給付金システムとしては 国家 政府だけにこだわることはないのです。

なぜ私が日本 合衆国が必要かというのは 地方政府にも独立した財政を持つということが重要と考えています つまり 日本は財政難を克服するには 中央集権の制度ではなく地方分権にし 道州制度を実現して 道州制度における地方特別会計を設置し 地方特別会計の財政投融資として 国連 銀行の SRP からの資金の提供を受けることによって財源はひたすら調達することができるようになります。

ですから私自身はこれから 国連自身が2030年に向けて 世界連邦を目指しているわけですから日本も国内の仕組みを 連邦制度に移行するという概念を持って 道州制の実現を目指したいと思います。

財源に関しては これは国民の税金ではなく全て国連 銀行 srb からの運用プログラム 財政投融資によって調達するということになりますから 国民負担は増えることもなく 財源だけ増えるという 嬉しい仕組みです。

このことを実現できるのは世界で唯一 国連 銀行 SRP の仕組みを活用する 以外 絶対に方法はありません。

世間では MMT 理論など中央銀行を使ってやればいいかということを言っていますが 実はそれをするとバーゼルの条約の問題や中央銀行がもし そのような仕組みを使えば 完全に 国際決済から排除されます。

つまり その国だけ 鎖国をして通貨を流通させれば良いということであれば 勝手にすれば というような話ですか 世界経済 特に日本のような貿易を大量に行っている国が国際決済から排除されるような金融政策が行えることはありません。

したがって地球上で唯一通貨の仕組みで供給ができるというのは 国連 銀行 SRP が行う開発援助 プログラムとしての資金投入 以外は存在しません。

その業務を行っているのが 米国財務省 資産を管理し マネジメント業務を米国政府のフロント企業として行っている メテ財団の業務ということになります。

つまり 現在日本における 借金問題や政府のプライマリーバランスの問題などを解決する方法というのはこれは 唯一国民負担がなくできる方法というのはこれは 国連 銀行 SRP の仕組みを使う つまりメテ 財団 が提供するマネーサプライ によって日本の資金の問題は解決できるということになります。

ですから 資金だけ 供給するのでは意味がないので それぞれの地域でプロジェクトを作るために地方分権にし 道州制度を拡充するために 日本 合衆国 構想を実現させる。

これは2030年までに国連が世界連邦を目指す中で日本も 連邦制度を目指すということを話しているのです。

世界はこの100年以上は全てこのゴールドと通貨の発行の仕組みというものに世界は翻弄されてきたという事実があります。

歴史的に見れば日本も結構これに関係してきたわけですから 日本は最大限に この資金を利用して 国家 を発展させることは重要だと考えています。

色々言われてますが 米国との関係で米国には頼らないような話をされている方も多いのですが 実際のこと言えば 日本の資産というものは全て もう SRP に寄付をするということで 国際金融市場で受ける財源というものは日本が独自で所有しているものはあまりありません。

そう考えれば世界大戦にもし日本が負けていなければ 事態は変わったかもしれませんが 敗戦国になって結局戦争で集めたものも全て SRP に寄付するということで 国連 銀行 システムの運用 財源として使われているわけですから その財源を拒否するようなことをすれば私はただの馬鹿にしか感じません。

日本人はどのようにして自分たちの利益を得るのかということを真剣に考えなければいけませんですから アメリカ 財務省の管理 資産から資金をもらうということを必死に考えてその仕組みに合わすことが一番です。

このことが理解できなければ日本の明日は100%ありません。

IMF などが 日本の状況について 消費税の増税をしなければ持たないということを言っていますが彼らは内心は本当のことはよく知っています なぜならば もともと国連 銀行 システムは IMF 世界銀行が行っていたわけです。

2005年以降は 国連 銀行 システムとしての SRP は 世界銀行 IMF との関係を中止をしたわけですがそれ以前は 開発援助 プログラムで世界銀行 IMF が この資産を活用してきたわけです。

現在は この資産に関しては 米国財務省に登録されて米国政府のフロント企業として メテ財団が業務を行っています。

このことを理解すれば私自身がメテ財団の公式 アンバサダーとして業務を行って この SRP の国連 銀行の資金を動かす 業務を行っているわけですからこの手段を最大限に活用しない手はないと考えています。

よって目指す 世界は地方分権を目指し 道州制度を導入し 各地方で持つ特別会計における財政投融資を行うということです、この財源はすべて 国連 銀行である SRP からの資金調達を行うということをすれば日本は100% 財源不足に悩むことはありません。

しかも、 国民の税金で負担するわけではないので積立金を置いておけば これで毎年 資金が入ってくる仕組みですから この国連 銀行 システムで最大限に利益を出る 手続きをすれば 国家は豊かになります。

しかもこの調達資金は日本円でなく 外貨 つまり ユーロでの調達になりますから 外貨準備高が増えるわけです。

ですから 来年度以降はこの仕組みを日本に普及させるために 日本 合衆国 構想を キャンペーンをしていきます。

日本合衆国構想の実現を2030年に向けて目指す!

■日本合衆国構想の実現を2030年に向けて目指す!

日本の歴史を考えた中で 中央集権という仕組みというのは明治維新以降に作られた 仕組みであります。

これを作ったのは 薩長同盟と欧米の仕組み の導入というのが一番の原因になっています。

私自身も銀行の歴史などを調べていく上でよくわかってきたことは 結局は明治維新の頃の日本の体制というものは 徳川幕府は完全に地方分権における 道州制度を実現していたと言えます。

つまり 日本 合衆国として国家が成立しており 約300年 安定した時期を過ごせましたが 結局 日本に黒船が来て西洋の力によって日本は 開国させられた結果 欧米式の社会システムを導入することになりました。

英国などをモデルにしたロイヤルと銀行 システムということにより 中央銀行を作り そして中央集権を行うためのロイヤル 統治ということを行いました。

明治維新以降の日本の世界というのは 約70年間戦争に戦争を繰り返し 多くの犠牲を出しながら国家を形成したと言えます。

第二次世界大戦に日本が敗退をし その後 米国 GHQ における統治 そして 日米同盟における日本の統治がスタートし 現在に至ります。

すでにその形も80年以上続き 完全に定着したと言えるでしょう。

ただ 社会システムとして 中央集権が定着しているのですか 国家の反映を考えた場合 中央集権による統治は当時は 割合 行いやすい という仕組みにはなりますが中央以外の地方が衰退するという問題が発生します。

また地方の衰退が中央にも影響し 中央の発展も伸び悩むという結果になり日本のような停滞した社会情勢が続き 生産性も上がらなくなるというのが 今の現状です。 それを打破をするには もともと日本が行っていた 仕組みに戻す必要があると考えています。

地方分権における連邦制度 このことを 「日本 合衆国 構想」と私自身はよんでいますが 「日本 合衆国 構想」を実現することによって地方を活性化させるという 狙いがあります。 つまり 一般的に言われる 道州制の導入です。

道州制の導入に関しては 財源が確保するのが難しいと言われてきましたが これは 国連 銀行 である SRP の資金供給を受ける仕組みが ルールが変更になっています。

日本の特別会計 もこの SRP からの資金提供を受け日本は1951年から財政支援を受けていると言えます。

日本人の多くは特別会計は財政投融資を行っているということを聞いてはいますが 財政投融資は一体何をしているのかということを詳しく理解できている人はまずいません。

日本がなぜ特別会計が財源が継続的にあるのか その財政投融資の本当の意味というのはこれは 国連 銀行 SRP からの運用プログラムにより資金が提供されているというのが答えになります。

これは昔は限定的に行われていた制度だったのですが 2020年以降 国連のルール改正を行い国連加盟国であれば 企業でも国家でも地方政府でもどこでも SRP からの資金提供を受けることができるという制度改革を行っています。

昔は日本の中央政府のみが この資金を受けられるという制度がありましたが今はそういう制度は SRP の方では もうけていません。

企業でも国家 政府でも地方政府でも条件を満たした担保力があれば資金を供給するというルールになっています。

実際にその業務を行っているのが私自身が 公式 アンバサダーとして仕事をしているメテ財団が国連 銀行 として SRP からの資金提供を行うマネージメント業務を行っています。

したがって、この仕組みを使えば 地方分権における 道州制を作り そして地方財政は地方における特別会計における財政投融資 つまり 国連 銀行の SRP の運用プログラムから資金を調達をすれば地方財政はこれで確保できるわけです。

この仕組みは 2030年に向けて 世界連邦を国連としては作っていきたいという考えがありますので世界は連邦国家としての仕組みを作りますから 日本国内の仕組み も 連邦制度としての仕組み つまり 道州制を導入するということは 流れに乗っているということになります。

世界的な大きな社会システムの変化する中で日本も大きく変わらなければいけない時期になっています。

つまり 日本、一 国だけで国際金融資本の中で生きていけるのか または世界経済の中で生きていけるのかといえば無理な話ですから 昔のように 鎖国をしてなんとかできるっていう時代ではないです。

そのようなことを考えれば時代の流れにのって世界は連邦制度になっていくわけですから 日本国内も 連邦制度としての地方分権 そして道州制の導入による「 日本 合衆国」を設立させるための仕組みを構築するべきだと考えています。

道州制と地方で作る特別会計

■道州制と地方で作る特別会計
1,日本国は、連邦国家として道州制を導入 地方財源の確保⇒地方の特別会計を設置
2,日本の中央政府の首長は、直接選挙による首相選出、派閥線による議院内閣制から直接選挙へ
3,中央政府は、安全保障と外交と連邦法を設置して、主たる法律を整備する。
4,道州制により、連邦国に同じように一つの地方は一つの国家として考え独自の運営を行う。⇒地方創生につながる。
5,地方財政における財政投融資(特別会計)の設置によりベーシックインカムを実現する。
6,教育、医療、福祉の無償化を実現する。(道州制による地方特別会計による財政投融資)
7,インフラ整備、産業投資を地域の「財政投融資」によって、財源を確保する。地域ごとの発展を目指す。
今の日本の政府腐敗を見ていると、中央集権政治の限界が来ていると見て良い。政権与党が、資金調達をして、裏金工作をしている間に、国民生活は、改善などすることはない。最近の日本の状況見て、あまりにひどい状況に呆れている。
日本も米国のように連邦制にすると良いと考えている。地方にそれぞれ、小さ国家のように権利を与えて中央政府は、安全保障を行うということだけで、他の行政に関する仕事は、それぞれの地方で「道州制」を導入して、国家を形成することが重要んだと考えている。
また、日本の総理選出は、議院内閣制でなく、派閥など関係ない形でできる「直接選挙」米国のような大統領選挙のように、国民による直接選挙により総理の選出をする選挙改革が必要だと考えている。
また、日本の特別会計も、それぞれの地方に特別会計を持ち、SRPの米国財務省資産の収益化プログラムから資金を調達して、独自に常に使える財源を確保することが重要である。
つまり、日本の中央集権の仕組みが、極端に長期政権を維持してきた与党政党の利権構造を作っていることが言える。つまり、地方分散を即行うようにすることが必要である。
道州制を導入するということは、ある意味、人口規模で言うと1000万人から2000万人程度の連邦国家を形成することが重要である。一つの国家形成が、1億以上もの人口を抱えるとどうしても、対応がずさんになる。地方は、地方で特別会計としての運用財源を持つことが重要である。これは、道州制設立と、それぞれの道州制の連邦制度における地域が持つ「財政投融資」を持つことで、地方財源を補填することができる。
私は、米国財務省資産SRPの収益化プログラムを行っているメテ財団のアンバサダーであるので、日本が道州制を導入をして、各地域に財政投融資を行う特別会計を持つことができる米国財務省資産SRPをつかった運用プログラムを実施することができる。
つまり、地域創生ののために、特別会計を各道州制において運用プログラムを実施することができるのである。
これは、非常に重要なことである。
つまり、予算獲得のために、霞が関に行く必要がない。地方は地方で、財政投融資による財源を確保することができるというメリットがある。
このような方向性で日本の制度改革が必要だと考えている。

廃藩置県から150年以上が過ぎ、また、元の制度に戻すべき

日本の政治を見ていると明治維新から変わらず、「薩長同盟」が現在も継続しているだけである。うちの家系は、300年ほど紀州徳川に仕えていたので、徳川系列で仕えてきたものは、左遷組となるのだが、そろそろ、薩長同盟の延長線上で日本の中央集権を決めている世界には納得ができないといえるのであるが、やはり、改革が必要である。つまり、明治維新以降の薩長同盟の延長線上ですべてが決まってきた世界に対して、やはり、中央集権でなく、地方分散、道州制の導入と地方特別会計の設置が重要である。日本も明治以降、薩長同盟と西欧の力により、中央集権化が目指されてきたが、あれから150年の歳月が過ぎ、時代の流れもかわってきた。その動きをキャッチして、もう一度、地方に権利分散をするような政策を日本で行う必要があると考えている。つまり、連邦制における道州制度の実現、そして、地方財政は、地方財政投融資で道州制を支える「特別会計」を設置して、SRP(アジア王族グループ)による寄付財源、米国財務省資産からの運用益を地方財政投融資に資金投入することで、ベーシックインカムを実現できる財源を確保できる。この利点は、現在、国家政府の特別会計だけに限定したことではなく、SRPでは、地方政府でも申請できるのである。その業務を行っているのは、私の所属するメテ財団であり、私自身が、その業務の公式アンバサダーとして業務をおこなっているので、実現は可能である。

新しい日本のあり方

新しい日本のあり方ということを考えています。
やはり日本の国は 中央集権よりも これだけ長い国土があるのですから道州制による連邦制度が良いと考えています。
つまり 大きな政府というよりも 中央政府に関しては 外交や安全保障などを行う昨日を持たせ アメリカ合衆国における連邦制度 のような仕組みが良いとを考えています。
また最近の選挙制度改革ということで言えば これは 議院内閣制ではなく直接選挙による国家のリーダー 総理大臣の選出ということが重要かと思っています 政党政治にすると一部の政党に資金が集まるような ワイド セージがあまりにも横行するということを考えれば 国民による直接選挙でリーダーを決定し そのリーダーによって政府の運営を任す という方にした方が良いと思います。
ですから 基本的考えは 共和主義ということにはなりますが日本における戦後の民主主義 製造 というものに限界が来ていると思いますので中央集権から地方分権へ 道州制度の導入 そして 道州制における地方による特別会計の設置ということが重要と考えています。
つまり 地方でも特別階級を持ち 財政投融資をしながら財源を確保する つまり これは 米国財務省の登録資産である SRP アジア 王族 グループからの資金調達を行い 地方政府の財源を確保するようにすれば日本の中央政府の特別会計と同じことができます。
私自身は SRP の資金提供 プログラムを行っている メテ財団の公式 アンバサダーとして業務を行っております 現在は 国家 政府だけではなく 地方政府に関してもこのプログラムはできます。
ですから 少し 制度改革をすれば地方にも特別会計を持って財政投融資を行いながら財源を確保できる仕組みというのは十分できます なぜならば今は国家 政府 地方政府 関係なしに この米国財務省を管理 資産である SRP からの資金調達ができるからです 手続きを 私ができます。
そうすることによって地方分権における財源確保ができるわけです 地方分権をしても財源がないということで 道州制 が実現できていなかったのですが 財源の確保する手段が地方で行う財政投融資における特別会計による資金調達であれば これは誰も文句言われません 全て日本の中央政府が行っている特別会計の財政投融資の米国財務省 資産 SRP からの資金調達と同じことを地方政府でも行えばいいのです。
つまり 財源 という問題が国家を形成しているわけですから 地方でも財源を確保できる仕組み すなわち 地方で作る財政投融資における特別会計 これが やはり 道州制を実現し 同時に 地方分権を実現させる一番のポイントになります 法律などは別に誰が決めてもいいわけですから 財源の問題です 中央集権になるのはこれは 財源が全て 中央が握っているからです。
これらのことが理解ができればこの仕組みは十分に成り立つわけですから私としては 道州制の実現及び地方における特別会計 財政投融資による資金調達ができる仕組みを構築をし 地方は地方で それぞれのことが決められていくような世界を作り上げることによって 中央集権における 賄賂政治というものは 是正されていくのではないでしょうか。
すべてのリアクション:

あなた、宮本貴久生、こんの ひとし

日本の新しい資本主義は、任せてください! 100%実行可能です。

「日本の新しい資本主義は、任せてください! 100%実行可能です。」
2012年に衆議院選挙に一度出馬したことがありましたが、政治では、「失われた30年」と言われる時代から脱却ができないということが分かり、あれから10年ほど国際金融の世界を研究して、その道を追求しました。その結果、国連銀行システムを行っている世界唯一の金準備銀行としてのメテ財団の公式メンバーになり、世界の開発プログラムの案内、通貨供給《マネーサプライ》について手続きができる立場になりました。これは、国際的非営利財団として業務を行っていますが、米国政府、国連に関係するフロント業務として本業務を行っています。これが、世界の給付金システムを構築する仕組みであります。実は、日本の特別会計も、我々のSRPからの資金提供を受けている事実は、1951年から現在まで継続しています。これは、SRPが提供する運用プログラムからの資金提供ということになります。
つまり、日本の道州制と地方でもつ特別会計(財政投融資)というのは、日本の中央省庁で行っている財政投融資、米国との関係で行っている運用プログラムと同じプログラムについては、正直。国家政府、地方政府、企業であろうと、SBLCの発行条件を満たせば、運用に参加することができ、財政投融資により、確実な収益が上がるプログラムがあります。その仕組みを使うことで、地方で作る特別会計《財政投融資》は制度改革をおこなえば、可能なことです。このプログラムは全世界の国連加盟国で活用可能なプログラムです。この仕組みを仕えば、日本経済復活は、十分にできます。新しい資本主義、新日本列島改造論、所得倍増計画、ベーシックインカムなどなど、国民所得向上、内需拡大型経済の育成が可能になります。この予算は、地球でもっとも大きな財源を有しています。
すべてのリアクション:

小谷学