今からでも日本はできる 日本列島改造論 のような 内需拡大型経済の実現

今からでも日本はできる 日本列島改造論 のような 内需拡大型経済の実現

日本列島改造論 という本が昔出版され 非常に大それた計画が 田中角栄という政治家が説明したことが 歴史的にも話題にはなっていますが なぜあのような話が書くことができたのか その資金源はどこにあったのかということを追求すると実際のことを言えば 現在私が取り扱っている SRP ソブリン ロイヤル ポートフォリオ と言われる アジア 王族 グループからの寄付 財源として米国財務省に登録されている資金がありますが その資金を活用し 日本列島を解像度をしようとしたことには間違いはありません。

これは SRP というのは1341万トンのゴールドに裏付けられています これのほとんどは 第二次世界大戦の時に日本軍がアジア 王族 グループから集めてフィリピンやインドネシアに運んだもの また日本国内 あったものなどが多く含まれております。

その他にも ドイツナチスがバチカに運んだ 金塊や色々とありますが 世界に約8000か所に保管されていると言われています。
ゴールドだけでは 現金化することができませんので それを通貨を発行するために 米国財務省に登録をし 米国国務省で UCC 統一商法での担保設定を入れ そして 欧州のプライマリーバンクでユーロを発行しそれを世界各国の開発援助 プログラムの資金として提供しています。

つまり この資金を最大限に活用すれば日本列島 改造論のような非常に大きな国家プロジェクトを実現化できると言えます。

現在 この SRP の資産を管理し マネジメントしている企業が 私が 公式 アンバサダーを務めている メテ財団 となります。

つまり これは私自身が 日本列島改造論を実現するために SRP の資金を動かす アドバイスをすれば手続きは全てできるということになります。

政治の世界はあまり どうかなと思っていましたが 最近の日本の状況を見ると政治の世界は非常に混沌としており 抜け道のないような話しかしておりませんので 要は財源でしょ というような話になります。

つまり 世界最大の資産であり 世界最大の財源がある SRP から 日本にどのようにして資金を引っ張ってくるかということが ポイントでその マネジメントをやっている会社の公式メンバーで働いているのは私ですから 問題解決をする方法があるということになります つまり 日本国のこの今の混沌とした問題解決はこれは SRP の資金を使って行えば確実に問題なくできます。

SRP から資金を調達するには1つだけ 条件があり これは 積立金があることが条件となります。

特別会計のような 積立金があればその担保力を利用して SRP の資金を調達することができます。

これは sblc と言われている スタンバイ LC を発行することによって 13ヶ月 ブロックをすると1年間 満期で sblc の発行金額と同等 金額が提供されます。

これはユーロで提供されますので 外貨です。

この仕組みを使えば わざわざ インバウンド や外国からの観光客の誘致 また 必死に 貿易をして海外へ輸出するなどしなくても外貨は調達できます。

内需拡大型の経済を拡充することができるということが言えます。

したがって 日本列島改造論 のような 内需拡大型の経済を行い 国民生活を豊かにすることが可能となるわけです。

今は考え方がそういう方向性ではないので その権利もありませんから政治家の考えていることを言っていることは非常に小さくて国民が豊かになることはないのですが 結果 どうすれば良いか SRP の資金が使えるかどうかで国が発展するかどうか決まります。

このことはアメリカ大統領でも同じことです。 SRP の資金が使えるかどうかでその国の発展の状況が決まります。 つまり 経済政策がうまくいくかどうか というのは SRP の仕組みを最大限に使うことができれば経済が安定します。