日本経済を底上げすることが私の使命だと感じています。

最近は感じることは 日本の経済を底上げするためには 最も重要なことはマネーサプライを行うことです。

私自身が 今行ってる仕事というのは これはメテ財団 という国連 銀行 システムを構築している財団になりますが この財団が行っている仕事というのは 中央銀行以外でマネーサプライを行う業務を行っています。

中央銀行というのは 資金を市場に貸し出すということで マネーサプライ 資金供給を行っていますが これは借金が伴う資金として期限付きで返済しなければいけません。

中央銀行だけですと 雪だるま方式に借金を借り換えながら 増やしていく 以外 経済を拡大する方法がなく 結果 借金の問題が市場を圧迫し始め 経済は途中で疲弊し始めます。

その問題を解決するには 中央銀行の仕組み 以外の借金を伴わない形でのマネーサプライを行う つまり 資金供給を行うことが重要です。

その業務を行っているのが 国連 銀行としての働きを持つ メテ財団 グループが行っている資金投入の仕組みです。

今日本の状況は非常に厳しい状況で 経済状況も良くない中でアベノミクスの失策により 日本国は借金で 非常に厳しい状況に陥っています この問題を解決するには 外部からの資金注入をするつまり国外からの資金注入をするということになれば これは 貿易黒字と同じ意味になりますので インバウンド やまた貿易での黒字によって儲けたと同じ意味合いなり 資金の流通量は増えることになります。

そうすることによって市場にある借金の問題は 次第と解決していくことになり 国民の負担も軽減されていくということになります。

つまりこのマネーサプライの仕組みをしっかり 導入することが我々にとっての重要なポイントであり これを 政治の政策として活用していく以外は道がないと思う最近はよく思うのは政治の世界にもしっかり 口を出すような形で行動していくように考えています。

我々の世界というのは 一般的にはあまり語られる 世界ではないのですが 私自身は長年通貨に関する仕組みを研究してきました。 やっと自分自身がこの仕組みの 公式メンバーとして仕事をするようになったわけですから これを最大限に使い 日本の経済 底上げするというのが 私にとっての使命だと感じています。

つまり 今後は政治的な方面にも色々と提言をしていくということをしっかり考えていきます。