日本の経済の動きを見ていると、ほんと、努力なしになんとかしようとしているなぁと感じる部分が多い。日本銀行で国債を大量に発行して、それを日本銀行に買い取らせる行為を続けているが、国債の金利が少ないといえば、100発行したものは、100以上の返還金を払わないといけない。当然、外部から資金を調達しない限り、プライマリーバランスが黒字化などすることもない。

簡単にいえば、破たんへの直行便です。

それは、公的財源だけを当てにしているからです。

一般会計の財源は破たんしているのですから、一般会計以外の財源を確保する以外、方法がないのは事実です。

そんなとき、日本には「打ち出の小づち」といわれる民間財源の最大限の活用以外方法がありません。

消費税を増税しないといけない理由は、一般会計の財源不足だけです。

解決方法は、日本にはあるのです。

国民の協力で民間財源の活用は、今後十分におこなっていけるでしょう。

破たん節を唱える前に、破たんしない方法を知ることが大切かもしれません。