海外生活が長く、海外の新興国の発展を横目に見ながら、日本がなぜ経済の停滞が長く続いているのか?と長年おもっていましたが、自分自身も政治の道を考え、日本に何活力のあることをしたいとおもっていました。

しかし、財源乏しい日本は、なにができるのだろうか?とおもっていました。国会審議される一般会計の予算不足を補うために、国債をどんどん発行して、最近は、日銀にまで買い取らせて通貨流通量を増やそうとしていますが、それは、借金をどんどん増やして、最後にデフォルト(破産)を目指しているだけにしか見えない。

まあ、期待もできない国にいても仕方ないからとおもって海外でビジネスしていましたが、日本には、一般会計以外の財源があることに気付き、特別会計という運用益などから得る財源をしったことで、何か新しい光を感じるようになりました。

消費税増税を反対したところで、財源がないことであきらめていましたが、あるところにはある財源、しかし、その財源の使い方、また、活用の仕方が通常の一般会計とはちがうことで、日本にとって、この問題点をクリアーすることで、新しいい道が開けると思っています。

民間財源の活用を今後のテーマに夢を語っていきたいと思います。

我々の世代、もっとわかい世代も夢を語れる世界を実現する方法が民間財源の活用でできる事実がわかり、大いに夢を語りたいと思っています。

ある意味、あきらめるのは、まだ早いということでした!