小谷 学 @ 地方創生、日本に活力を与える

日本の復活は、日本独自にある「民間財源の活用」以外道がない! 地方創生を行う財源確保に民間財源を最大限に利用する

カテゴリー: 未分類 (Page 2 of 31)

民間財源についてのおもうこと、つぶやき・・・

今回の大雨や、ここ最近ある地震など、天災が続いている。まさに、そんなときこそ、民間財源の大型投入をする時期だと思う。
帰国後、受け皿を探すことにする。
ある意味、民間から公的組織に寄付する形で、公的財源の補填をすることが大切だと思っている。

自分のやっている仕事は、日本の経済活性化など話していますが、本当は、日本経済のプライマリーバランスの黒字化への作業といえば、いいだろう。それが、仕事になるのですから、よくもこんな仕組みをかんがえたものだろ関心する。最近、いろいろ先輩たちと話をしていて、心にこれを行う大義名分があれば成し遂げられると確信している。やるべき対象は、決まっている。プライマリーバランスを健全化するには、外部収入を増やすこと以外方法がない。すなわち、外部収入を市場に大量投入する作業を国際規定にしたがっておこなうだけである。

 

このまま行けば、日本の財政破綻が近いとデフォルト、増税、など、経済的に暗いニュースが多いが、1つの考え方がある。諦めて、デノミをして、新しい通貨を発行するか?もしくは、最後の手段的な民間財源を物凄く面倒な方法で引き出すか?その2つに1つだろう。しかし、デフォルトをすると、問題は、資産凍結があるので多くの人が今まで努力した現金資産は、一瞬にゴミになるだろう。できれば、後者の地味な作業を繰り返してプライマリーバランスを健全化を目指すほうがいい。

日本全国にある約1000ほどある対象に対してアプローチして、行う作業。この積み重ねが、日本の財政のプライマリーバランスを正常化するために一番大切な作業です。消費税増税をやめ、国債の乱発をやめるには、この恐ろしく地味な作業をひたすら行う以外方法がない。ほんと、誰が考えたのか?と思うくらい究極に難易度が高いビジネスゲームだ。しかし、作業は至って簡単ですから、こちらも作戦を考えて、世の中の風潮を変えればいいだけです。やはり、対抗的情報発信だろう。

日本の地方自治体の財政は、非常に厳しいものになっている。そんな場合は、地方財政を支援する民間財団の設立をして、市役所のとなりにそんな財団があれば理想的だろう。

 

地方の金融機関の役割は、もう金貸しだけではない。すなわち、財団設立をして、地域経済を支える財源となることだろう。そこに本当の役目を見いだせると思っている。民間財源の確保が重要だと思っている。

民間財源を確保し、財団があれば、金融機関は、保証協会の結果ばかり気にせず、融資が可能である。ビジネスは、負けることは恐れなくてもいい。

 

地方創生や技術投資などというが、日本の民間財源の活用方法で味噌になるが、地方創生の場合は、地元の有志と地元の有力企業との協力、また、技術投資は、大学などの研究機関と関連性のある有力企業の2社協力体制の絵をいかに描くかできまってくる。すなわち、一つではできないことが、2つ繋ぐことで実現化できることは世の中に多い。

 

 

日本の社会構造がどうなっているか?ある意味、日本は不幸な面ももっているが、幸運な面も持っている。
すなわち、幸運な面を持ち合わせている部分を最大限に活用すれば、決して未来は悪くない。すなわち、社会構造、仕組みは、どう活かすかで価値を見いだせる。
なにもしなければ、何もおこらない。

50年、100年は、つぶれない会社を作る財源確保

地方創生をするための財源確保ということを仕事にしています。一般会計からの財源確保が難しい現在、民間財源からの確保をしなければなりません。しかし、民間財源の確保は、民間企業との連携も必要になり、その説明してまわっています。

一般の会社経営者は、汗を流して働くのが正しい働き方だと思っている人が多くいることに驚きます。

民間財源の意味合いは、経営者に会社を50年、100年つぶれないための財源を確保して与えることだと思っています。会社経営者は、労働者に対して仕事を与えて、健全な社会活動をすることが目的であり、会社経営がどうかをひたすら悩み、リスクばかり考えて何もできない時代とは、これからはさよならしていくことが大切だと思っています。AIの普及で人は、どんどん仕事をなくしていくということを言われています。

そんな時代であるこそ、経営者が資金が潤沢にあり、多くの国民が常に働く場を提供できる環境をつくることが、これからの国家戦略で一番大切なことではないでしょうか?

国債の乱発は何の解決もならない!

日本の経済の動きを見ていると、ほんと、努力なしになんとかしようとしているなぁと感じる部分が多い。日本銀行で国債を大量に発行して、それを日本銀行に買い取らせる行為を続けているが、国債の金利が少ないといえば、100発行したものは、100以上の返還金を払わないといけない。当然、外部から資金を調達しない限り、プライマリーバランスが黒字化などすることもない。

簡単にいえば、破たんへの直行便です。

それは、公的財源だけを当てにしているからです。

一般会計の財源は破たんしているのですから、一般会計以外の財源を確保する以外、方法がないのは事実です。

そんなとき、日本には「打ち出の小づち」といわれる民間財源の最大限の活用以外方法がありません。

消費税を増税しないといけない理由は、一般会計の財源不足だけです。

解決方法は、日本にはあるのです。

国民の協力で民間財源の活用は、今後十分におこなっていけるでしょう。

破たん節を唱える前に、破たんしない方法を知ることが大切かもしれません。

日本にある民間財源の活用

海外生活が長く、海外の新興国の発展を横目に見ながら、日本がなぜ経済の停滞が長く続いているのか?と長年おもっていましたが、自分自身も政治の道を考え、日本に何活力のあることをしたいとおもっていました。

しかし、財源乏しい日本は、なにができるのだろうか?とおもっていました。国会審議される一般会計の予算不足を補うために、国債をどんどん発行して、最近は、日銀にまで買い取らせて通貨流通量を増やそうとしていますが、それは、借金をどんどん増やして、最後にデフォルト(破産)を目指しているだけにしか見えない。

まあ、期待もできない国にいても仕方ないからとおもって海外でビジネスしていましたが、日本には、一般会計以外の財源があることに気付き、特別会計という運用益などから得る財源をしったことで、何か新しい光を感じるようになりました。

消費税増税を反対したところで、財源がないことであきらめていましたが、あるところにはある財源、しかし、その財源の使い方、また、活用の仕方が通常の一般会計とはちがうことで、日本にとって、この問題点をクリアーすることで、新しいい道が開けると思っています。

民間財源の活用を今後のテーマに夢を語っていきたいと思います。

我々の世代、もっとわかい世代も夢を語れる世界を実現する方法が民間財源の活用でできる事実がわかり、大いに夢を語りたいと思っています。

ある意味、あきらめるのは、まだ早いということでした!

独自の世界で生きること

海外ビジネスで、小さい会社をいかに続けるかというコツという話をしたいと思います。

「海外ビジネスで生き残るコツは・・」

簡単言えば「他人関係ないとおもって独自の路線を作り上げること」だと思います。

海外でビジネスをして、外国人である自分が、お互いさまで協力を得ることが難しいです。

ある意味、お金を払って仕事を依頼する場合は、その結果を求めることができますが、人の関係でビジネスを構築しようとしても結局はじめはいい話で、最後はトラブルか、結果が出ず終わります。

自分のビジネスは、一から10まで自己完結してこそ、海外で小さい会社の生き残るコツです。

「私は、えらい人知っているから大丈夫」とえらい自慢話を海外ビジネスをしていれば聞くことが多いのですが、ほとんどの場合は、「実力がないから他人の名前を利用してるだけで、結論結果にならない」ということを思えば、そんな話に耳を傾けるだけ時間の無駄ということに気づきます。

なんでも一から十まで自分でやるという意思で仕事していると最後は、周りは突っ走っている自分に何かメリットを感じて応援されるということが言えます。

人は、メリットがあるから協力できる。出せるカードがない人には、だれも協力してくれない

ということを知れば、どう行動すればいいのか見えてくるかと思います。

海外ビジネスはまずは挑戦することで知ることが多い

昨日は、午前中は、香港の会社の仕事で銀行に行き手続きをし、午後から時間があったので、以前、僕がやっていた中国ビジネスセミナーに参加して、香港で起業した方と会ってきた。

「小谷さんのセミナーを聞いて、あのは、別世界にみえました」と今でもそこのことが鮮明に覚えていると、いう話をしていました。

確かに、海外起業、中国ビジネスへの説明会をよくしていましたが、今は、かつてのような中国進出ブームもなく、中国ビジネスがテンションが高いという時代がおわりました。

逆に中国人が世界に出向き仕事するようになってきたので、二言にいてもたくさん中国人のビジネスマンがこちらにやってきて商談する時代になり、時代もなんとなく逆転傾向になった感じています。

しかし、中国人ビジネスと日本人のビジネスの感覚の違いは明確にあり、そのギャップで日本企業と中国企業が協力して利益を上げるということは非常に難しいのは事実です。

香港に来て、3年前に起業した彼は、今いろいろ中国ビジネスの困難を経験しながら道を開拓しているといことでした。

やはり人生は、経験して初めてわかることがたくさんあります。

挑戦することがまず先決で、それからトライアンドエラーを繰り返し、自分独自のノウハウと悟り的な感覚がうまれてきます

海外ビジネスというのは、ある意味、悟りの境地に近づける仕事かとおもいます。

なにがあっても、なにがおこっても肯定的にとらえ、「そんなこともある」と常に自分にいい聞かせ、不可抗力的におこる様々な事件を経験して、「なんだろうな」と思いながら進めることが海外ビジネスの醍醐味だと思います。

私は、貿易業を2003年から始め、すでに15年海外でおこなっています。不動産業でここ2年くらい海外に出向きビジネスをしていますが、これも新たな出会いと、驚きの事柄もたくさんあります。

挑戦することで新しい出会いも生まれ、自分の見ている世界も広がるということを本当に感じます

これは、挑戦ている人にしかわからない快感と苦痛であることが言えると思います。

人はそんな簡単に死なない、沈没しないとおもってあきらめないことが大切だと思っています。

日々不動産の商談を行っています。

東京にいるときは、最近は、ほぼ毎日、不動産関連の打ち合わせを行っています。
不動産屋は、日本に10数万社あるといわれていますが、そこに携わる人も多く、人のネットワークでビジネスが成立しているので、人と合うことでいろいろ物件情報をえることができます。
弊社は、収益一棟マンション、収益ビル、収益ホテル、宿泊施設など、基本的には収益物件を中心に不動産仲介をしています。

簡単に言えば、全国の不動産で儲かる建物情報を集めて、次のお客様の紹介することを仕事としています。
売った人、買った人が、お互いにメリットがでる仕事になればと思っています。

外国人もターゲットにしていますが、外国人、日本人でも対応しています、おもしろそうな物件の話があればご連絡ください。

広い世界観での心持ってビジネスをする

最近感じていることは、アジア地域とのビジネスの展開をいろいろ広げて行こうかと思っています。アジア地域の事業展開は香港の法人を使い展開して、中国国内は、中国国内で作った外資法人を活用して事業展開を行う。

日本とアジア地域とつなぐビジネス展開も今後、どんどん展開していくこと。

情報のハブとしてのビジネスをこれからどんどん展開していきます。

アジア地域で商売するためのベースはできているので、それをいかに活用して事業を伸ばしていくか、海外展開を中心に力を入れ、海外で仕入れた情報を日本のビジネスとつなぐ展開をしていきます。

ある意味、そうすることでビジネスには際限がなくなっていきます。
アジアにいる20億人以上の試乗をターゲットに物事を考えれば、行き詰まり感がなくなります。
やはり、世界観は自分の心の問題です。広い世界観で物事ヲカが得れば、広い世界から情報があつまります。

日本とアジア地域をつないだビジネスを展開する上で

僕が仕事で使う言語は、日本語と中国語です。一日のうち、70%は日本語で話して30%は中国語を使って仕事をしています。英語は、ほんの少しですので、英語圏とのビジネスはほとんどしていませんが、日本とアジア圏でのビジネスをするときには、かなり中国語を使う場合が多いです。中国、台湾、香港、マレーシア、シンガポールなどは、中国語が結構使われる地域ですので、商談するときは、ほとんど中国語、あと日本の企業と話しをするときだけ日本語という環境でビジネスしています。

今思うと海外に長く住み、語学をやったことは、日本にいてもインターネットを通じて外国ビジネスが容易にできます。
そのジャンルは、貿易、不動産、金融という世界に広がりを見せています。

弊社は、ビジネス情報の仲介を得意としてビジネスを行っていますので、やはり、情報のハブを瞬時に行うことが大切です。
スピード感がビジネスの成功率を高めていきます。

世界の人とビジネスをする

【世界の人とビジネスをする】

日本と上海、香港と会社をもってビジネスしていると、毎日新しい仕事のネタが舞い込んできて面白い。成立するかどうかという確率がどうかという問題もあるが、いろんな地域の人とネットを通じてやり取りしてビジネスしていると世界の距離間は殆ど感じません。

外国人といろいろビジネスをしていて感じることは、「お金儲けのベクトルの方向が協力できる」関係だと友人になれるし、「お金儲けのベクトルの方向が協力できない」関係だと友人になれません。

お金は人の関係を作るに非常にわかりやすい道具です。これは、世界共通のことだと思っています。

Page 2 of 31

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén