政治もメディアの駄目だというが、その解決策は言わない。ほとんどの社会問題は、お金の問題。お金があれば解決できます。

私は、お金の話には常に興味をもっています。メディア報道を見ても、日本の経済崩壊論、また、将来大変になることばかり書いています。そりゃ、どうしたらいいんか解決策がなくして、悪い話ばかり聞いたら、完全にだめな気分になります。やはり、それを解決する策、お金をつくる策があってこそ、解決策が見えてきます。

大企業の金余りをいいますが、じゃあ、庶民は金持ちかといえば、所得の低下が著しくなっています。資本主義社会の社会構造自体が限界にきているのです。

簡単に言えば、資本家が競争原理をかんがえすぎて、カネを出さなくなったことが社会が厳しくなっている理由です。

資本提供をすることで、資本が大きく循環し、資本家から労働者階級や中小企業経営者に資本が回る仕組みをつくることが大切です。その流れができる方法があるのに利用していない日本、それを改革することが私達の民間シンクタンクの役目だとおもっています。企業じゃできないこと、それをすることだと思っています。