資本主義社会の崩壊の危機 それを立て直すには・・・

2012年の衆議院選挙に出馬、落選ということをきっかけに、拠点を上海から日本に移した。日本に帰ってきてみたものは、やはり、資本格差の広がりだろう。

貧困が増えている中で、日本人の心もずいぶんやんできているなぁと感じる部分が多い。やはり、経済と人の気持ちというものは大きく関係している。

それをなんとかしなくては、と思うのです。資本主義社会を持続発展できる社会を形成するということをテーマに活動をすることにしました。とくに、特殊な金融の世界に数年前からどっぷり浸かってその制度を活用しない手はないとおもっておこなっています。

日本でやるべきことは、2023年まではかなりあるかなと思っています。これから5年間のプランでいろいろ計画していきたいとおもいます。5年後は、また別の人生を形成しようかとおもっています。いずれにしろ、5年間勝負です。

今年は、心の中で感じていることを実現するために日々活動しています。世の中の風潮を変えることが必要です。持続発展できる資本主義社会を形成するための作業をどんどん推し進めていきます。

これは、民間人でしかできない活動です。民間活動の重要性を伝えて、社会システムを構築することです。それをすることが私の使命だとおもっています。